金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって4年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

背徳感とご主人様だけが知っていること

ご主人様の命令で恥ずかしいことをいろいろやらされている奴隷のnonです

 

『やらされるている』と言いながら自発的に『やっている』自分もいます

動画を撮影したり、恥ずかしい写真を撮影して、ご主人様に送信した後、時間があれば身なりを整えた素の会社員の私の写真も時々送っています

『ギャップ』が好きなご主人様に喜んでいただきたいからです

ご主人様の命令ならどんな恥ずかしいこともやってしまう奴隷の普段の姿を知っていただきたいのです

数日前も動画や写真を送った後、洗面所の大きな鏡に映った会社員の私のスーツ姿の写真を送りました

 

 

「私があんなことやってるなんて、誰も思わないと思います」
「その背徳感でまた気持ちよくなってしまうんだろうな」
「ご主人様だけが知ってるのが嬉しいし、気持ちいい」

 

 

ご主人様に命令されて、ショッピングモールや家電量販店のトイレで乱れてしまうのは『背徳感』から感じやすくなるのでしょうか、、、

こんな淫乱な自分をご主人様が知っているという、今まで知らなかった安心感や満足感、優越感みたいな今まで感じたことのない感情があります

それはどんなに恥ずかしい変態行為をしたとしても、それを知っているのは『ご主人様だけ』という忠誠心みたいな、独占欲が満たされているような感じかもしれません

どんなに淫らで恥ずかしい自分を見せてもご主人様には嫌われることはない

という安心感に包まれているのかもしれません

 

 

コロナの終息が見えたら、ご主人様の目の前でいろんな奴隷の姿をお見せする約束をしています

早くお泊まりをしたいです

ご主人様だけに奴隷のnonの恥ずかしい全てをお見せしたいです