金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって4年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

「めちゃめちゃエロいのになw」

最近のご主人様と奴隷のnonはエロい世界から遠ざかっています

メールの内容はお互いの仕事の話が多くなりました

ご主人様にとってのnonはただの奴隷ではなくて、ご主人様自身ってこういうことなのかな?と最近思い始めました

nonはいつでも受け身です

ご主人様がエロモードの時はとことんエロくなり、ご主人様がお仕事モードの時はエロは出しません

『変態奴隷なんだから隠さなくていい』

と言われますが、今はご主人様に寄り添って真面目なお仕事人間です

ま、現実的にもコロナは身近に迫っていて、なかなかエロスイッチが入らないのも事実です

 

 

ですが、ご主人様のことが恋しいのは相変わらずで、、、

メールを読み返していたら、嬉しかった言葉で下書きに入れていたやり取りがありました

 

ご主人様は『ギャップに萌える』そうです

普段の仕事中のnonをお見せすることは出来ませんが、日々の様子を報告することは良くあります

自分で言うのも何ですが、、、

社内ではそれなりに頑張って実績は出しています

中間管理職なので、上とはケンカもしますし、下にも厳しいことも言います

仕事人間の真面目社員です

 

 

ある日、ご主人様に

「外でエロい練習(ご奉仕の方法を習う)をしたら?」

と言われました

 

 

「ご主人様以外の前ではエッチな私は出せません」
「めちゃめちゃエロいのになw」


「こんな淫乱な私を知ってるのはご主人様だけです」

 

 

 

ご主人様から見たnonは『めちゃめちゃエロい』ということに嬉しくなりました

 

 

 

どんなところが『めちゃめちゃエロい』のか聞いてみたいですが、今のご主人様はお仕事のことしか考えてないみたいです

連絡してみたいけれど、奴隷の自己満足の為にお時間を頂くのも申し訳なくて、今は我慢して連絡は控えています

バレンタインの頃のやり取りですが、この頃は本当に平和でした、、、

早くこの頃のような、ご主人様の性処理道具のエロ奴隷になりたいです