金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって4年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

≪時間の利用≫

お仕事のことで頭の中がいっぱいのご主人様

この山を越えたら奴隷のことを思い出して下さると信じて待つしかないのでしょうか?

 

普段の私は仕事人間で、仕事が立て込むと食事や家族の用事よりアポを最優先にしてしまいます

ご主人様とのアプリも昼間は一度も開かない日もあります

だから、ご主人様の現状が分からないわけではないのです

忙しすぎて、疲れすぎて、時間が無さすぎて、性欲0の現状、、、

 

近くにいれば、食事を差し入れするとか、移動する運転手を勤めるとか、書類作成を手伝うとか、、、

何かして差し上げられますが、この距離にはどうしても勝てず、奴隷のnonは開店休業状態です

全くエロ要素無しのご主人様

奴隷は毎日どうすれば良いですか?

 

 

こんな時は奴隷誓約書を読み返します

 


≪時間の利用≫
ご主人様に会えない時間は、自分を慈しみ、自立した一人の大人の女性として行動します。

離れている時も、ご主人様がお側で見て下さっている事を意識し、ご主人様ならどうご命令されるかを常に考えて過ごす事を誓います。

 

 

誓約書には上記のように誓っています

『自分を慈しみ、自立した一人の大人の女性として行動します。』

今はこれを念頭に置き、ご主人様の奴隷として一人の女性として日々を過ごしたいと思います

いつかご主人様が奴隷を使いたいと思って下さった時に万全のご奉仕が出来るように備えていたいと思います

 

ブログの下書きを見たら、忘れたくない出来事の箇条書きが沢山ありました

これを一つずつアウトプットしていく日々で寂しさを埋めたいと思います