金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって4年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

喘ぎ声

※写真あります

 

 

 

 

 

真夜中に思いがけずご主人様とリアルタイムで繋がることが出来ました

話題は

『奴隷の喘ぎ声について』

でした

ご主人様の奴隷のnonはご主人様にちょっと触られただけで喘ぎ声が出てしまいます

それでも四年前よりは声を抑えられるようになっていると思っていました

実際、お店の中で周囲に人がいる状況でご主人様に弄られたこともあるので、、、

毎回オナニー命令の中で

「声を出さずにいくように」

と言われます

それが出来るようになったらもっといろんな場所で調教して下さるみたいです

 

 

「タクシーとかも大概だよ」
「タクシーの中では吐息くらいでしょ?」

「いやいや」


「え?そうですか?」

「もう運転手にバレバレだよ
いつも」
「え?
そうなの?」


「もっと我慢を覚えないといろんなとこでイタズラできない」
「運転手さん気が付いてますか、、、?
申し訳ありません」


「間違いないよ
いつも以前の居酒屋オナニーショー動画くらい出てるよ」
「?
私?」


「そうビール瓶でやってるやつ」
「え?」

 

「あのレベルでいつも声出てるよ」

「え?

動画あるんですか?」

 

「あ、俺しかないのか笑」


「ご主人様の手元にはあの時の動画があるんですか?」
「あるよ」


「ご主人様はそれを見返す時があるの?」
「あるよ」


「うまそうにフェラするなーとかねw」
「嬉しいです」



メールをしながら胸がドキドキしました

(え?ご主人様の手元にはあの時の動画があるってこと?)

と、当時の記憶が甦ってきました

個室居酒屋でご主人様に言われるままにフェラでご奉仕や、アナルチェック、オナニーショーも見て頂きました

その流れで命令されるままにビール瓶でのオナニー、、、

恥ずかしくて記憶から消していた当時の様子が思い出されました

 

数分後にご主人様から動画が送られてきました

 

 

 

※写真あります

 

 

 

 

 

 

 


f:id:non46:20191020064317j:image

言われるままに良く見えるように指で開いています

 

 


f:id:non46:20191020064328j:image

恥じらいながら徐々に快感を貪るように指を動かしています

クチュクチュと卑猥な音のバックに両隣の個室に仲居さんが出入りする声が聞こえます

「見られて気持ちいいの?」

と聞かれて、何度も頷いていました

 

 


f:id:non46:20191020064349j:image

中指でアソコをかき混ぜながら、喘いでいます

何度も

「声!」

「隣に聞こえちゃうよ」

と注意されています

 

 


f:id:non46:20191020064435j:image

「声!」

と注意される度に我に返り、足を閉じていました

でも気持ち良さには勝てず、すぐに足を開いてご主人様に恥ずかしい姿を見ていただいていました

いった後、「暑い、、、」と言いながら、恥ずかしさで足を閉じて肩で息をしていました、、、

それでもご主人様は許して下さらず、テーブルの上のビール瓶でのオナニーを命令されました

 

 


f:id:non46:20191020093345j:image

ビクビクしながらビール瓶を挿入しています

「変態だな」

と言われて更に感度が上がっていました

 

 

 


f:id:non46:20191020064511j:image

良く見えるように片手でやるように指示され、従っています、、、

 



動画の最後はご主人様の携帯に着信があり、ご主人様はいきなりお仕事モードに切り替わったのでした

 

1年前の夏の旅行での出来事です

太もも部分にゴムのついたガーターストッキングを履いていましたが、ムチムチ過ぎて食い込んでる、、、ひどいな( ̄▽ ̄;)

今見ても笑える、、、

この夜は会員制のリゾートホテルに移動して、真夜中まで使っていただいたのを思い出しました

 

 

 

「見ました、、、
いや、、、

撮られてたの知りませんでした、、、
恥ずかしいです、、、」


「それより声な
隣にも聞こえてるだろコレ
これを解決しないといつか捕まるw
見て反省してください」
「、、、はい」

 

 

 

 

4分ちょっとの動画でしたが、ずっと

「はぁ、、、はぁ、、、」

と深い息遣いと、時折

「ぁん、、、」

と声にならない喘ぎ声をいっぱい発してました、、、

 

 

 

 

、、、はい

反省します