金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって4年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

ご主人様の存在が『気持ちいい』

5月の終わりのことでした

 

詳細は忘れてしまいましたが、ノーパンでお出掛けして、スカートの中を写真で報告していました、、、

 

 

「ノーパンです」
「お!!
なんかパックリしてないバージョン久しぶりに見れた
いつも中が丸見えだからなw」


「、、、はい

私のアソコ、大きくなってる気がしませんか?」
「そうか?」


「オナニーして、弄りすぎですよね、、、」
「だったらもっと引っ張れ」


「え?」
「俺と出会った証ができていいじゃないか
やらしくてだらしない○○コにしてしまおう」


「キレイじゃなくていいんですか?」
「外見は綺麗がいい」


「サクラ貝みたいなアソコが男性は好きでしょ?」
「でも○○コはだらしなくていいぞ
奴隷らしいじゃん」


「はい
嬉しいです
すごく嬉しい」
「それを眺めることが出来るのは俺だけだからな」


「はい
ご主人様にしか見られたくないです」
「俺が座ってビール飲んでる時、君は机の上で足開いて○○コを開いたり閉じたりしてよく見せる
それがツマミだな
たまに箸でびらびらつまんで開くかなw」


「ドキドキして濡れてきます

、、、したくなりました

、、、します
すごく濡れてる」

 

 

ご主人様に車内でオナニーしている写真を送りました

 


「駐車場でいきました
ご主人様の目の前でしたいです」
「駐車場でオナってイったのか?
変態でよろしい
次回は手足を拘束して前の穴も後ろの穴も乱暴にかき混ぜていかせまくってあげるよ」

 

「はい、お願い致します」
「その後はゆっくりおもちゃを出し入れして観察かなw」


「ご主人様にゆっくり弄られるの、すごく気持ちいいです
この前の指先のゆっくりした出し入れだけでおかしくなりそうでした
ゆっくりゆっくり入ってくる感じ、心も身体も征服されていくのが感じられてすごく感度が上がります」


「結局、君はなんでも気持ちいいんだろ笑
パンツ脱いだらもう気持ちいいって言いそうだもん」

「、、、
そんな単純ですかね、、、私?
でも、本当に気持ちいいから仕方ないんです、、、」


「だってパブロフの犬だろ
俺の存在がもう『気持ちいい』と結びついてるからな」

 

 

メールを読み返しているだけで、濡れてきます

 

 

この前の逢瀬では、ご主人様に何度もいくところを見ていただきました

ソファーに座るご主人様の目の前に四つん這いになり、アナルとアソコを弄りながらいき続けるところは動画にも撮られていました

リモコンバイブを奥まで咥え込んで何度もいき果て、最後はアソコからゆっくりバイブを引き抜かれ、奴隷汁にまみれてビクビクするアソコも撮られました

ご主人様自身にもいかされ、最後はご主人様の指で何度もいかされました

 

ご主人様が仰るように奴隷のnonにとっては離れていてもご主人様の存在が

『気持ちいい』

に繋がっています

同じ空間にいたら、本当にずっと濡れていて、、、

全身が『気持ちいい』と悲鳴をあげながら喘ぎ続けました

いやらしくて、だらしない奴隷のアソコはご主人様を欲しがって、何度もお願いしてしまいました

ご主人様に見られながら、ご主人様のすぐ目の前でするオナニーショーは触られていなくても、ご主人様の視線を意識するだけで感度が上がり、全身が性感帯になったようでした

ご主人様のパブロフの犬はいつも涎を垂らしながら、ご主人様がなでて下さるのを待っています

これからも、いやらしくて、だらしない奴隷のアソコをいっぱい使っていただきたいです

 

奴隷のnonに『気持ちいい』をいっぱい与えて下さい

 

 

 

✏奴隷のnonはご主人様のパブロフの犬です

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com