金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって4年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

命令

禁止令発動中

昨日の朝からオナニー禁止令を出されました それなのに、頻繁にオンラインにして下さるご主人様、、、 メールの中で奴隷がオナニーしたくなるような言葉を沢山投げて下さいます で、お願いしたら 「ダメ」 とのこと、、、 その上で今日はメンソレ塗るように…

定番の一人相撲

今日のご主人様と奴隷のnonは仲良しでした もしかしたら、いつも仲良しなのかもしれません、、、 ご主人様はいつも平常心で、nonに対しても特に文面も変わらないから、、、 変わるのは受けとる側の私の気持ち ご主人様の何気ない一文に一喜一憂しています 今…

南の島に負けました

今日はダメ奴隷な1日でした 午前中にご主人様から命令をいただいていましたが、打ち合わせをしていて、全然携帯を見ていなくて、、、 「飲みにも行けないし、ストレスが溜まってきて元気がないよテンション上がらないパンツでも見るかな」 せっかくご主人様…

「食い込みがエロいな」

※写真あります ゴールデンウィーク明けで本来ならお仕事スイッチ全開のはずが、ご主人様も私もなんとなくエンジンがかかりきらない状態です コロナの影響はまだまだありそうです、、、 「今日も仕事はダラダラだから大サービスで君の大好きな恥ずかしい姿を…

遠隔調教②

※写真あります 遠隔調教①の続きです ご主人様の命令に従いバイブを入れたままで買い物を続けました 顔見知りに会うのではないかという緊張感がますます奴隷を追い詰めました アソコにバイブを入れたまま長時間歩き回るということが初めてで、快感よりも緊張…

チラリズム

※写真あります ちょっと前の出来事です 「今日はM字でパンツ見るかな」 突然メールでいただきました 数時間後にピンクのパールパンツに着替えて全裸で撮影しました ※写真あります 喜んでいただけると思ったら、、、 「おいおいパンツなのかこれは笑笑見えと…

遠隔調教①

※写真あります 数日前の出来事です この日は久しぶりに遠隔調教をして下さいました 朝から一時間半、リアルタイムでのやり取りから始まりました 仕事、街の状況、コロナ、マスクの配布、政府のやり方、、、 色んな話をしながら、最終的には遠隔オナニーでク…

「パンツ見せて」

コロナ渦に翻弄されて、仕事が忙しくクタクタになっています 昨日は仕事中に唐突に 「とりあえずパンツ見せて」 とご主人様から連絡が入りました パソコンの手を止めて急いでトイレで1枚だけ撮影して送信しました 「普段からこんなスケスケパンツはいてんの…

リクエストを頂きました

リクエストを頂きました 「たまにはオナニーでも見ようかな顔までの全身入ったヤツ送って 自分で感じてる情けない姿を見たい」 今回のこれは、命令ではなくリクエスト (と勝手に思っています) 正装じゃなく、着衣でも構わないとのことです 仕事で疲れてるn…

最低な自分をも受け入れて下さるご主人様

最近はお互いにすごく忙しくて、ご主人様と奴隷というより、友達同士のようなやり取りが多かったように思います そんな中、まだやれていなかった宿題の指摘をご主人様からされてしまいました 忘れてはいませんでした、、、 ただ、、、 苦手な分野なので、あ…

今週の命令

今朝も遠隔指示で、早朝から一時間調教していただきました 何回いったかわかりません 奴隷のアソコはグシュグシュで、、、 今も身体は火照っています 今週は出退勤時にはバイブを入れておくように命令されました トイレでのオナニー禁止 触りたければ、車の…

朝から、、、

ご主人様と早朝から繋がって、メールしながら、いっちゃいました、、、 ご主人様のオンライン気持ちいい メールしてるだけで、勝手に溢れてきて、命令をいただいて、いきました 今日はバイブを入れて出勤です ドキドキします

「晒しなさい」

1月のある日、ご主人様から突然に命令をいただきました 「出張もあとちょっと毎日飲み会が続いてる 息抜きにオナニー見るから だらしないマン○晒しなさい 奴隷汁もしっかり掃除するんだぞ」 実際はもっと卑猥な言葉が並んでいましたが、卑猥過ぎてここには…

1日中感じる

今日はご主人様からの命令でバイブを付けたまま1日を過ごしました 日中三回報告をしました 毎回、白くなった奴隷汁にまみれた奴隷のアソコを写真で報告しました ご主人様の命令だけでこんなにも感じて、下着を汚してしまいました 毎回イヤらしく疼くアソコ…

ドSなご主人様にドキドキ

※写真あります 昨日は朝からご主人様にリクエストを頂きました 「今日はオナニーしてベトベトの指をアナルに入れるとこを見せてもらおうかな」 ご主人様の口調が優しい時は要注意です こんな時のご主人様はドSパワー全開なんです、、、 仕事中に気が付いて、…

奴隷失格

ご主人様から 「以前出した命令はまだ?」 と催促を受けました 正直、ピンときてなくて過去のやり取りを見直しました 最近はご主人様のことを考える時間を意識的に減らしていて、メールを何度も読み返すことも我慢していました その結果が招いたnonのミスで…

おもちゃになりたい

※写真あります 1月のある日、買い物の途中でご主人様に写真を送りました その日は細かい片付けをしていて、足りない物を近所の100均に買いに出たのです お店のフロアを歩いていて、ちょっとを違和感を感じました ブラをしてませんでした、、、 笑 長いお正…

道具は声を出さない

Twitterの世界には様々な形の主従関係が溢れています その中にとても美しく(顔が出てる)、プロポーションも抜群のご主人様の肉便器であるM女様がいます ツイートは奴隷の鏡のような内容ばかりで、読む度に自分のダメさに落胆します その女性が年明けにされ…

魅力がないのでしょうか、、、

※写真あります 1日ぶりのご主人様からのメールは 「二日酔いです」 とのことでした 年明けから年始の会食が続いているみたいです 会食風景の写真を送って下さいました 一緒に写っていた人物に驚きましたが、それよりご主人様の奴隷のnonとしては、ご主人様…

2020年 仕事始め

2020年、仕事始めの今日はご主人様に操られました 『操られた』 と書くと語弊があるかもしれませをんが、どう表現するのが適当なのか自分でも分からないのです ご主人様の言葉一つで何度もトイレに行き、会社のトイレで潮を噴かされ、、、 上司との面談の前…

仕事始めへのウォーミングアップ

明日から仕事始め、ですね、、、 私は仕事は好きですが、行きたくない病が、、、 この休み中はご主人様から少しずつ命令をいただくことがあり、nonの奴隷スイッチは入れられたままです 今朝は昨日からの流れで命令をいただいていました オナニーしていいって…

「エロいフェラ顔だな」

※写真あります 夕べ寝る前に以前出されていたクリオナ動画の命令を撮影しました 疲れてご主人様の返信を待たずに寝てしまいました 早朝にご主人様から感想が送られていました 「アナルもひくついてて奴隷らしいオナニーショーでしたまたアナルにも入れてあげ…

ご主人様の奴隷です

ご主人様の命令で今日はバイブを入れて出勤しました 久しぶりの命令に奴隷の身体は喜んだみたいで、、、 会社のトイレで潮吹きをしてしまいました、、、 その時は戸惑いましたが、ご主人様の奴隷として成長している自分の身体を自覚して、今はとても嬉しく思…

仕事納め

「仕事納めバイブ入れて出勤もちろん仕事初めもバイブ入れて出勤 そういうのがなんかいいよね」 nonのご主人様の奴隷の使い方です ご主人様の息抜きや癒しになれたら嬉しいです 今日は1日、バイブを入れたままの挨拶回りです 辛くて嬉しい1日になりそうで…

ご主人様からのプレゼント

ご主人様からオナニー指示の命令をいただきました 「サンタのプレゼントじゃないけどクリスマスなので久しぶりにオナニー見てあげる見られるオナニー一番好きでしょ?w」 メールの続きにはオナニーのやり方の細かい指示がありました 今夜中にご主人様の命令…

汚されても構わない

この続きです non46.hatenablog.com この頃には自分には意志がなく、ご主人様にただ言われるままに使われる道具としての服従感に満たされます 長い時間をかけて更に喉の奥まで開かされ、ぐいぐいとご主人様に喉を犯されました 何度も込み上げるものを堪えな…

「これを10回したら入れてあげる」

「これを10回したら入れてあげる」 1回がどんなルールだったのか思い出せません 久しぶりのご主人様の身体の温もりが嬉しくて、ずっと発情しっぱなしでした ホテルに入る前にご主人様がいつどこでチェックしても、奴隷のアソコは濡れていました ご主人様に…

平和です

※写真あります 今日は祝日でおうちでゆっくりしています お料理したり、貯まったドラマを見たりしています 途切れ途切れですが、海外出張中のご主人様と緩くメールでやり取りをしています お仕事の隙間時間に奴隷のnonのために携帯を覗いて下さっているみた…

喘ぎ声

※写真あります 真夜中に思いがけずご主人様とリアルタイムで繋がることが出来ました 話題は 『奴隷の喘ぎ声について』 でした ご主人様の奴隷のnonはご主人様にちょっと触られただけで喘ぎ声が出てしまいます それでも四年前よりは声を抑えられるようになっ…

ラーメン屋さんで

もう時間は11時を過ぎていたと思います バーを出て、大人のおもちゃを売ってるお店をご主人様と探し歩きました この時はご主人様の地元でのお泊まりだったので、普段ご主人様が飲み歩いている界隈でした 酔っ払ったご主人様の記憶を頼りにやっとお店にたどり…