金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって5年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

恋は刺激 愛は平穏

『恋は刺激  愛は平穏』

 

上沼恵美子さんが仰ってました

 

 

以前はご主人様との関係は常に刺激の連続でした

でもコロナ禍になって、全く逢えない状況になり、お互いに仕事も忙しくなり、連絡を取るのは数日あきになりました

 

今日、久しぶりに30分ほどリアルタイムでやり取りが出来ました

ゆるゆるとメールのやり取りをするうちに、心が穏やかになるのが分かりました

心が落ち着き、優しい自分になれているような気持ちになりました

久しぶりの休日だったのも影響しているのかもしれませんが、セカセカしてない自分がいました

 

ご主人様にお逢いして、何も身に付けずにご主人様の手の届く距離にいて、いつでも触っていただける、、、

 

そんな日が早く訪れますように、、、

 

ご主人様に逢いたい

ご主人様に初めてお逢いしたのは平日でした

会社を休んで飛行機でご主人様の住む街まで出掛けました

 

初めて会ったその日に誘われるままホテルに行ってしまったのも初めてだったし、いきなり

「オナニーして見せて」

と言われたのも初めてでした

ドSなご主人様が探していた奴隷に育てるためのドMな女性かどうかを試すための質問だったと後でわかりましたが、その時は冗談なのか、ヤバい人なのか、緊張もあり、よく分からないまま流されて普通のセックスをしてしまいました、、、

その次に抱かれた時からは少しずつ調教の要素が入ってきました

毎回少しずつnonを奴隷に調教して下さったご主人様

今日は無性に逢いたいです

ご主人様の逞しい身体に触れたいです

ご主人様にめちゃくちゃにされたいです

 

六畳間のピアノマン

見てますか?

今日、1,2話を見て号泣でした

 

私はこれまで仕事で死ぬほどのイヤな目に会ったことがありません

理不尽なことはあるけれど、生死を分けるほどのことではありませんでした

裏を返せば、そこまで真剣に仕事に打ち込んでいないのかもしれません

 

大人になって、社会人として経験を積む度に、新人さんのいい加減さ(当人はいい加減にやってるつもりはない)にも対処出来るようになってきたし、彼女達なりに頑張っていることも感じる心の余裕も出来てきました

上司の理不尽な態度も、当時のあの人なりの保身やエゴは弱さだったんだと理解出来るようにもなりました

まだまだ中途半端で発展途上の私ですが、会社の中で誰かに教えることが出来るスキルを身に付けていっていると、自分の成長は感じています

 

あのドラマを見ていると、自分は経験していないはずなのに、なぜか涙が溢れてきました

 

 

仕事って、何だろう

と、、、

働くって、何だろう

と、、、

生きるって、何だろう

と、、、

 

続きが楽しみなドラマです

 

 

 

私はビリー・ジョエルの曲の中ではHonestyが一番好きです

 

とかとかとか、、、

ご主人様にお逢い出来ないまま一年が過ぎました

お互いに仕事に振り回されて以前ほど連絡を取らなくなりました

nonの中での『最優先』は変わらないものの、忙しい奴隷を気遣って以前のような無茶苦茶な命令も最近はありません

命令をいただいても、仕事や時間を理由に満足に従えていない面もあります

ダメ奴隷です、、、

 

5年目にもなると、お互いに慣れてしまい新鮮味に欠けているのかな、、、

とか

コロナの流行がなければ、年に数回はお逢いして調教という名の逢瀬を重ねることが出来ていたのかな、、、

とか

コロナがなければ今のように仕事が忙しくなることもなかったのかな、、、

 

とか、とか、とか、、、

 

『たら、れば』ではなく、

『とか、とか、とか』

と現状を正当化するための色んな理由を並べてしまいます

ご主人様にお逢いしたい気持ちは変わっていませんが、コロナを無視することが出来ない現状に負けそうです

 

この一年で調教も全てが振り出しに戻ってしまった気がします

ご主人様に喜んでいただける身体にまた一から調教していただかなければいけません

またご主人様にお手数をお掛けすることになりそうです

 

いつになれば

『ご主人様の理想の奴隷』

になれるのでしょう、、、

 

満たされたバレンタインデー

この週末もお仕事だった社畜のnonです

 

時間に追われてバタバタしましたが、どうしてもご主人様に動画を送りたくて、仕事の途中に撮影しました

移動途中に入ったショッピングモールのトイレで、急いで撮影しました

パンツスーツを急いで脱ぎ、便座の蓋にセットした携帯に向かって服従のポーズを撮影しました

自分でお尻を左右に開いて、アナルもアソコも丸見えで撮影しました

 

 

 

「今日も仕事でした

バレンタインデーなので、ピクピクする奴隷のアナル見て下さい

ご主人様大好きです!」

 

 

急いでメールを打ち、ご主人様に送信しました

 


「アナルもそうだけどアソコもぱっくりだな(笑)
アナルも早く虐めたいなー
フェラはいつになることやら」

 

夕方、携帯を確認したらご主人様からコメントをいただいていました

たった34秒の動画でした

ご主人様しか知らない、私の中の奴隷のnonです

ご主人様しか知らない奴隷のnonの恥ずかしい秘密を今日もご主人様にはお見せしました

見ていただくことで満たされたのでした

 

逢いたいです

ずっと仕事が忙しくて、携帯からも主従関係からも離れた毎日を生きています

最近、土日とも休めることがなく、、、

今日も仕事です

自分でも疲れが溜まっている自覚があります

 

目が覚めて、このままだとご主人様に解雇されてしまうのではないかという不安が湧いてきました

ご主人様に『解雇しないで下さい』とお願いメールをしました

 

以前なら自分のプライドが邪魔をして、不安な時も何事もないように振る舞っていましたが、今はご主人様に自分の正直な気持ちをぶつけることが怖くありません

ご主人様に逢えない時間もご主人様のことを考えていることを伝える行動も必要だと思っています

 

ご主人様にギュッとされて、支配されているのを実感したいです

最後にご主人様にお逢いしたのはちょうど1年前です

生身のご主人様に逢いたいです

「他人じゃ濡れないと証明してみなさい」

※今回はブログの下書きを整理していて、2年位前に書きかけていたエントリーです

 

 

 

最近、整体に通い始めた奴隷のnonです

毎日重い荷物を持っていますし、ハイヒールも履いています

左右の骨盤のズレを治してもらう施術をお願いしています

 

 

ご主人様から朝からエロモードに導かれるメール攻撃をこの日も受けていました

(ご主人様に言わせると、勝手にエロモードになってるだけだろ?と言われそうですが、、、笑)

 

 

 

「オナニーしたいです
でも整体の予約してるので、、、」
「じゃあ我慢だね」


「はい
整体で太ももの後ろをギューギューやられる時に、エッチなことを想像しそうになるのを打ち消してます、、、笑」
「出たな
誰でも感じてしまう変態w」


「どんだけ欲求不満な私、、、笑
でも、濡らしてないですよ!
ご主人様だと思って、触られてもいいですか?」

「わかった
じゃあ施術終わったら速攻トイレいってアソコ送りなさい
アソコ開いて濡れてなかったらオナニー許可してあげる」

「えー、今日はこんなにメールしてるので、私、不利です、、、😭」


「濡れてたらオナニー禁止延長コース
背術前にトイレで綺麗に拭いてからやってもらいなさい」
「今だって濡れてますもの、、、
今日、黒の下着ですが、午前中だけでシミになってるのに、、、」


「他人じゃ濡れないと証明してみなさい
濡れてたら結局誰でも触られたら濡らす淫乱な女とみなしますw
頑張ってね
無我の境地ですよwww」


「😭

身体を触られて濡れるのと、ご主人様のことを想うだけで濡れるのは違うのに、、、
今、オナニーしたいです
触らなければ、してもいいんですよね、、、」


「パンツならね
許可した相手なら濡らしていいけどね」
「今日はご主人様とのメールが頭の中に浮かびそうで、、、😭」


「笑
それはそれでまたお仕置きされるだけ
それでもよろこびそうだけど、、、」
「濡らしたらダメって思えば思うほど、ドツボにはまりそうです」


「淫乱な奴だ」

 

「整体終わって、駐車場に着いたら、下着の上から弄っていいですか?

写真は撮れないかも、、、」
「それじゃ濡れてないかチェックできないな〜

自己申告かw」


「整体のトイレで撮るのは難しいし、移動する間に我慢出来ない、、、」
「うーむ、、、

しゃーないか」


「はい
今日とか触られると、ご主人様の手を妄想してしまいます、、、

これはただの身体の条件反射です、、、」
ハプニングバー連れてったらえらいことになるな」
「はい
 あん
今、すごく濡れてるの分かります、、、」


「じゃあ今日は直接のオナニー許可してあげるかな〜」

 

 


「終わりました
グッタリです、、、
痛すぎて、エッチなことは全然思い浮かびませんでしたが、、、笑
でもちょっとだけ、クリ弄らせて下さい
アソコ熱いです、、、」

 

 

整体が終わると毎回グッタリしてしまいます

腰の両側を押されたり、腰から背中、肩にかけて、満遍なく凝りをほぐしてくれるのですが、終わると毎回グッタリです

 

いつの間にか、ウトウトしてました

ウトウト車内で夢の中で、ご主人様に触られているような感覚になり、目が覚めると、アソコは濡れていました、、、

 

 

 

 

※なんだか中途半端な(いつも?笑)内容です

多分、忙しくて書き終えることが出来ないまま放置してたんだと思います

この頃は毎日エントリーを上げていましたし、ほぼ日記に近い状態でした

 

読み返しても、どんな風に終わらせたら良いのか分からない内容ですね、、、笑

こんな終わり方ですみません

『雇う側』と『雇われる側』

最近ご主人様とお仕事の話をしています

私の知らない世界でお仕事をされているご主人様

業界が全く違うので、お互いに学べることが多々あります

 

密にメールでやり取りしても最終的には、ご主人様の『経営者』の考え方に感服します

ご主人様の考え方は『雇う側』

そして私はやっぱり『雇われる側』の考え方に行き着きます

経営者の視点は広く、リスクを考え、先を読んで行動されています

私のように目の前のことをがむしゃらに片付ける『やっつけ仕事』ではありません

 

主従関係から離れても、一人の社会人として尊敬出来る男性に仕えることが出来るのは幸せです