金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって3年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

まだまだ修行中

ご主人様とnonの連絡手段は基本的にメールアプリのみです

電話は逢う日しか使いません

 

 

ご主人様中毒の奴隷はご主人様に一方的にメールをすることがよくあります

nonの中のストレス解消だったり、エッチな気分が高まり過ぎてご主人様に聞いてほしかったり、淫らな自分を見てほしかったりで、、、

返信やコメントは期待してないけど、ご主人様に聞いてほしいことなどをツラツラと送信するんですが、超朝型のご主人様からすると、nonが起きる時間はガッツリお仕事をされているわけです

 

 

そんなことはお構いなしに今日もいつものように朝から短文メールを連投してしまいました、、、

これらの他にもかなりの量の短文の嵐🌀

 

 

「ご主人様依存症です」
「ご主人様って本当にエッチだなーと思います」
「私をエッチにするのが上手」
「上手く操られて、エッチな奴隷に調教されていってるのが分かります」
「見られるの抵抗あったのに、今では見てほしいもん」
「ご主人様大好きです」

 

 

、、、そしてついに注意されてしまいました、、、

お仕事中のご主人様からしたら、ピコピコなって、仕事に集中出来ないそうです

 

、、、ごもっともでございます、、、

 

 

「ごめんなさい」

と誤ったものの、戸惑ってます

以前はメールが

「長い」

とよく言われていました

だから意識的に短文にしてましたが、、、

長いから短文にすれば良いっていうわけではなく、要はくだらないことでメールしないでってことなんだろうな、、、

TPOをわきまえて!ってことですよね、、、

 

確かにお仕事してる最中にこんなくだらない短文が沢山送られてきたら、邪魔ですよね、、、

はー⤵️

ご主人様のお仕事の邪魔をしてしまうなんて、最低の奴隷です

 

会社ではキチンと仕事してますし、お客様には気も遣いながら連絡は出来てると思いますが、『対ご主人様』になると、途端に理性はなくなって、本能が先行してしまいます

ご主人様が「最適」と思えるタイミングで適度な量と内容で連絡するのは難しいな、、、と感じたのです

 

それが出来るご主人様の奴隷になりたいです

 

ご主人様がnonからのメールを読んで、仕事や生活に潤いが出るような、元気になれるような、笑顔になれるようなメールが出来るようになれば、今よりもっと必要としていただけると思います

 

そうなれるように、ご主人様のことをもっと知りたいと改めて思った朝でした