金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって3年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

タクシーの中でめちゃくちゃに、、、②

✏️この出来事をもう少し詳しく書きます

 

non46.hatenablog.com

 

 

 

日本料理店を出る時に下着を着けたくて

「トイレ行ってきます」

と手に青いヒモパンを掴んだら

「ノーパンでしょ」

と、有無を言わさないご主人様からの一言がありました

 

「、、、はい」

下着はクルクル丸めて、バッグの底の方に入れました

 

お店を出て、会計を済ませるご主人様を待つ間もワンピースの裾が気になって、落ち着かない気分でした

ご主人様の後をついて地下鉄の駅に向かうために階段を下りる時も、地下鉄がホームに入って来るのを待っている時も、下から巻き上がるような突風にワンピースの裾を不自然に押さえながら歩きました

まるでフワフワしたウレタンの上をヒールで歩くような、フラフラと落ち着かない足取りだったと思います

それはノーパンという「非日常」もありましたが、これから電車に乗るという、恐怖もありました

この日のワンピースは少しの風にもふわふわ揺れるような柔らかな素材でした

混雑している車内で身体が密着したら、下着の有無は絶対にバレてしまいます

 

外国人の間に挟まれて、そのまま車内に入りました

週末の20時前後だったと思います

車内は学生やサラリーマン、ビジターでかなり混雑していました

ご主人様とドアに近い壁際に立ちました

ホームを出てすぐに、ご主人様の手がnonのお尻を撫でました

片手には旅行カバンを持ち、空いた手で、お尻付近からスカートをまくりあげようとしているのを感じました

 

「意外に届かないな、、、」

 

ご主人様は小さく呟いて、真面目な顔で前に向き直りました

こんなシチュエーションになったのは初めてだったのでnonも知りませんでしたが、ご主人様とnonの身長差だと、背が低いnonのお尻にはご主人様が少しかがまないと届きません

 

「世の中の痴漢行為をする男性は小柄なのかな?」

と考えながらも、ご主人様がお尻に触ろうとチャレンジして下さったことが嬉しくて、、、

そこから目的地に着くまで、奴隷の頭の中はご主人様に痴漢されてしまう自分を妄想して大変でした、、、笑

現実的にはもし通報されたりしたら、大変なことになるし、電車の中でノーパンの下半身を知らない人に見られてしまうのもイヤなので、実現しなくてホッとしてる自分がいました

満員電車でご主人様に痴漢されて、立ったままいかされるのは夢に終わりました

 

数分で電車を降りて、ホテルまではタクシーで行くことにしました

 

タクシーに乗ってすぐに今夜泊まる会員制のホテルの手前にあるコンビニの名前を告げるご主人様

電車の中は立ちっぱなしだったので、ホッとしてシートに身体を預けました

するとすぐにご主人様の右手は奴隷のスカートの中に滑り込んできました

 

「この道通るの初めてですが、、、」

「この道の方が夜は早いですから」

「さすがですね!」

 

ご主人様とタクシーの運転手さんは道路事情を話し込んでいます

その間もご主人様の指は奴隷の足の上を太ももからアソコの間を行ったり来たりしています

膝を閉じていたはずなのに、いつの間にか足はご主人様の拳一個分だけ開かされていました

ご主人様の右側に座っているnonの敏感な部分を指先で確かめるように、ついにご主人様の指がアソコに到達しました

思わず足を閉じてしまいましたが、それは無駄な抵抗でした

こじ開けるようにグリグリと右手を太ももの間にねじ込んで、ご主人様の右手は自分の居場所を確保して、そのまま指先は奴隷のアソコの濡れ具合を確かめるように上下に擦られました

その瞬間、いってしまいました、、、

そこからは何度もいかされました

ご主人様の指先はアソコを激しくノックし続け、抜き差しされながらいかされました

声を出さないようにご主人様の腕をギュッと掴んで、愛撫に耐えました

 

「ん、、、」

ご主人様の腕にギュッとしがみついて、時々、小さく呻く女性客は運転手さんの目にはどう写ったのでしょう、、、?

思い出しても顔から火が出そうなくらい恥ずかしくなります、、、💦

 

コンビニに着くとご主人様は何事もなかったように奴隷の身体から指をサッと抜くと

「すぐなんで、待ってて下さい」

と運転手さんに声をかけて出て行きました

nonもご主人様を追いかけてコンビニに入りましたが、まださっきまでの余韻が冷めず、フワフワした感じでした

ご主人様はと言うと、さっきまでエッチなことをしていた男性には全く見えないシャキッとした態度でカゴに色んな物を買っていました

「この切り替え、すごいなー」

と感心したのでした

 

コンビニからホテルまではすぐで、その後も触られたのかは覚えていません

フロントのフカフカのソファーに座ってチェックインをするご主人様の背中を見ていると、さっきまでの車内での情事は夢だったんじゃないかと思えてきました

束の間、高級ホテルのゴージャスな空気に圧倒された奴隷でした

 

 

この数分後に部屋に入ってすぐにワンピースを着たまま、バックから犯されてしまうんですけどね、、、