金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって3年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

「忘れてないよ」

週末、ご主人様とリアルタイムでメールが出来ました

ご主人様のお仕事の話が9割でしたが、nonにとっては嬉しい言葉をいただけたりもしました

 

この時は素っ気ないご主人様についつい嫌味をぶつけてしまいました

 

 

 

「たまには奴隷を飼ってることも思い出して下さい」


「それは忘れてないよ
なんか君も忙しそうだからさ
相当前に出した命令もなかなかできないみたいだから、新たな命令も出さなくなっちゃったし」

「ごめんなさい」


「まー、のんびり一個ずつこなしていけばいいですよ
全然焦ってないし」
「言い訳ばっかりでごめんなさい」


「だから、まあそれらをこなしてから次の命令出さないとどんどん溜まっちゃうから」
「はい」


「9月また予定決まったら教えて下さい」
「はい、9月まで頑張ります」


「頑張って」

「ご主人様に早く逢いたいです」


「僕も早く奉仕してもらいたい」

 

 

 

ご主人様はお仕事第一で奴隷のことなんか、どうでもいいのかな?

(どんだけネガティブなのか?笑)

と思っていましたが、そうでもないみたいでした、、、笑

内心すごく喜んでしまいました

 

ご主人様はご主人様なりに、忙しいnonのことを気遣って下さってたのかな?と、、、

ご主人様に気を遣っているつもりでしたが、ご主人様の方がnonよりも奴隷を気遣って下さる優しい方だと改めて思ったり、、、

なんだかんだと言い訳してますが、宿題が溜まっているのは確かです、、、(-_-;)

出来ない理由をご主人様は分かって下さってるので、そのことでnonを責めたりはないのですが、それが逆にnonには興味がないのかな?ととってしまうくらいひねくれていたご主人様のダメ奴隷です

 

 

今日も帰宅したのは8時過ぎでした

お昼も食べる時間なくて、夕方6時過ぎに車内で肉まん食べただけでした

この忙しさも、とりあえずは後3日

 

ダメ奴隷の存在もご主人様は覚えて下さってるみたいだし、、、

 

 

 

頑張れ、私