金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって3年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

「Mな旦那」と「一番の奴隷」②

✏この時の続きです

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

 

 

「Mな旦那を探せ」と言われてしまい、とてもヘコみました

「ご主人様にさよならを言われる、、、」

と本気で心配になりました、、、😢

でもご主人様からいただいたメールには予想もしていない言葉が並んでいました

 

 

 

「大丈夫

すでに今までで一番の奴隷ですから

まだ完璧じゃないけどw

まあ、だから、この関係は心地よいわけです

だけど結婚って考えるとこの世界観は維持できない

でも君には普通の幸せな家庭もあったらいいんじゃないかなという優しさです

でも相手がSだと気持ちが揺らぐといけないのでMな旦那ならいいかなと思ってるわけです

ほら結婚と恋愛はちがうっていうじゃない?

主従だけど笑

 

なのでしっかり理想の奴隷に成長していってください」

 

「言い忘れてた

もちろんちゃんと命令を守れてる限りだけどね」

 

 

何度も読み返してしまいました

 

「一番の奴隷」

 

(なんて、嬉しい呼ばれ方、、、

すでに、、、?

いつから一番になれていたんだろう、、、?

ご主人様、ほんとに?)

いろいろ頭の中はグルグルしていましたが、返信を、、、

 

 

「今までで一番の奴隷?

ほんとに?

嬉しいです!

はい、キチンと命令を守って、ご主人様の奴隷でいられるようにします」

 

 

 

「今までで一番の奴隷」

とnonのことを言って下さいました

ご主人様とnonの考えが一致している部分の一つに

「結婚と主従関係は別」

があります

ご主人様が仰るように、結婚生活の中にDSを挟むとお金の面や仕事のストレス、家事の分担、お互いの家族のこと、住む場所、、、様々な現実が邪魔をして、純粋にお互いを「ご主人様」「奴隷」と見ることは難しくなると思います

私達はお互いにリアルな「生活」とは切り離した現実味のない場所で主従関係を維持しています

出会いのきっかけは、お互いにそれを含めた相手探しでしたが、お互いにそれを求める相手ではないと感じました

それはお互いの合意の結果です

だからお互いに必要以上にプライベートに立ち入ることはしません

でもお互いの家庭の事情や仕事も知っています

知っている上で尊重しあっています

リアルの生活を最優先にしながら、逢う時間を作り、二人だけの主従関係の世界を作っています

ですが、奴隷の気持ちの最優先はご主人様です

ご主人様の命令を最優先してnonは動くように努めています

 

 

ご主人様に

「でも君には普通の幸せな家庭もあったらいいんじゃないかなという優しさです

でも相手がSだと気持ちが揺らぐといけないのでMな旦那ならいいかなと思ってるわけです」

と言われたことは、嬉しくもあり、悲しくもあり、複雑な心境になりました

ご主人様に仕えながらの「幸せな家庭」をnonは持てるのでしょうか、、、

 

 

午後になって、またメールをしてみました

ご主人様からの返信は期待していませんでしたが、返信いただきました

 

 

「そうですね

ご主人様ありきで、自分の生活を組み立てていけるようにしないといけませんね

配分が難しい、、、

そんなに難しく考えなくてもいいのかもしれませんが、、、

不器用なので、、、笑」

「配分はもちろん100%ご主人様でしょw」

「はい

そうですね✨」

 

 

ご主人様にとって、100%ご主人様は当たり前なのです

こんな基本的な当たり前を悩んでいるnonはまだまだ未熟な奴隷ということです

 

未熟な奴隷のnonですが、ご主人様にとっての「一番の奴隷」の地位をキープし続けられるように、日々成長していきたいです

 

 

✏ご主人様との出逢いの頃

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com