金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって2年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

1日でも長く

逢えなくなったら終わり

 

 

当たり前のことです

逢わないと、

僅かでも時間を共有していないと、

私達の関係は終わります

 

ご主人様はこのまま、事業が上手くいったら、将来的には生活の拠点を海外に移さざるをえないと思います

先日、空港まで歩いて帰る時に、この話題になりました

税制面で言うと、日本より海外に拠点を置いた方が、メリットが多いことはnonも知っていましたから、特別驚きはしませんでした

ただ、

「恐れていたことが現実になる可能性」

が、グッと現実味を増した、、、

と思うと、そこからは笑顔で話せなくなりました

 

 

「この先、いつになるかはわからないけど海外に拠点を移すかも、、、」

と言われて

「えー、逢えなくなるじゃん」

と、冗談混じりに返したnonに

「そうだねー」

と、淡々と返したご主人様

 

 

現実問題として、

「海外に拠点を移しても日本に帰ってきた時には奴隷の為に時間を下さい」

とは言い出せませんでした

 

もし言って

「無理」

って言われるのが怖くて、それ以上は言えませんでした

ご主人様にとって、nonはその程度なんだな~と、認めるのが怖いし、傷付きたくありません

 

ここにこうやって書く勇気もありませんでしたが、この胸のモヤモヤを吐き出したくて、、、

 

あれから、特にご主人様に何かを言われたわけでもないし、ご主人様の放置度合いは最近は普通です

どちらかと言うと、こまめに返信も下さいます

たぶんご主人様にとっては、意味のない会話で、あの時にこんな会話をしたことすら忘れているかもしれません

nonだけが、勝手に傷付いて引きずっているのです

たぶん、いつもの一人相撲です

それでもずっと、奴隷の心の不安はなくならなくて、モヤモヤしていました

ご主人様と空港でお別れしてから、すぐに下書きに悲しかった想いを打ち込んで見て見ぬふりをしていました

 

 

二人の主従関係の決定権者はご主人様です

続ける権利も、終わらせる権利も、ご主人様にしかありません

奴隷のnonはご主人様の言葉に従うだけです

 

 

1日でも長くご主人様の奴隷でいられますように

 

 

普段はこんなに暗くないんです、、、

なんだか今日は寒すぎて、身体の調子が狂いそうな予感、、、

明日も仕事なので、暖かくして今日は早く寝ます

今からお風呂で暖まります

 

ここに書いて、ちょっとだけスッキリしました

でも、いつもぼんやりと胸の中にある不安の種、、、

 

 

 

1日でも長くご主人様の奴隷でいられますように