金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって3年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

貸し出しはイヤです

この前お逢いした日は、今までで一番、濃厚な1日でした

感じすぎてほとんど覚えてないという、、、笑

だいたいいつも、何回ご主人様がどこに出して下さったかは覚えていますが、今回は3回だったような、4回だったような、、、💦💦

nonはご主人様からの激しい調教が気持ち良すぎて、身体がおかしくなるんじゃないかと思ったほどです

自分の身体なのに、自分の身体じゃないような、、、

ご主人様にいっぱい調教されました

 

 

記憶が曖昧ながらも、印象に残っている会話もあります

ご主人様にうつ伏せにされました

うつ伏せにされると無意識におしりを高く上げてしまいます

おしりを突き出して、ご主人様にアナルを弄られるのを待っている恥ずかしい奴隷がいます、、、

 

 

 

バックから突かれながら聞かれました

 

「俺が命令したら、他の男に抱かれるんだよ」

 

最初はご主人様の仰っている意味がよくわからなくて、混乱していました

 

「あぁ、、、、、、」

 

答えないnonにご主人様はバックから、スパンキングをしながら、アナルをほぐしながら更に言葉を続けました、、、

 

「命令なら出来るよね?」

「、、、はい」

 

「するの?」

「、、、命令ならします」

 

「誰でもいいんだろ?」

「違います」

 

「でも、命令ならするんだろ?」

「、、、はい、、、

します」

 

 

ご主人様にバックから子宮を突かれながら、涙が出ていました

気持ち良すぎて、分からなくなっていたのもあるし、そんな悲しいことをなぜご主人様は聞くんだろう、、、とも、思いました

 

「ご主人様の命令なら、何でもします」

と、いつも思っています

でも、貸し出しはイヤです、、、

 、、、でも、ご主人様の命令ならします

 

今までも

「絶対に無理!」

と思っていたことも、結局逆らえず全て受け入れてきました

ご主人様の命令は絶対なのです

ご主人様のしたいようにして、ご主人様が見たいものをお見せするのが、奴隷のnonの存在価値なのですから、、、