金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって3年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

「するんじゃなかった」

帰る前に二人でお風呂に入りました

ベッドでnonは死んでいたので、今回もお湯をはって下さったのはご主人様です💦💦

本当にダメ奴隷です😱

 

湯船に向かい合って座り、おしゃべりしました

途中で暑くなったご主人様は浴槽のヘリに腰掛けてnonの方に向いておしゃべりは続きました

目の前にご主人様のアソコが、、、💦💦

「しなさい」

と言われたわけではありませんでしたが、フェラでご奉仕したくなりました

フェラをしながら話したのは、、、

 

「ねぇ、私と逢ってない間にエッチしましたか?」

「してない」

 

「オナニーは?」

「してない」

 

「そもそも、君と逢った後はしばらくは性欲0になるから、、、」

 

と笑っていたご主人様

 

「でもチャンスはいっぱいあるでしょう?」

「あるにはあるけど、しない

しても、たいがい後悔する

 

ご主人様は自分が求めているのは変態奴隷だから、そうじゃない子としてもめんどくさいとか、するんじゃなかったと思うそうです

 

 

そして

「君は俺で満足?」

と聞かれました

うーん、お風呂じゃなかったかな、、、💦💦

とにかく、どこかの会話の中で

「君は俺で満足?」

と聞かれました

「はい、満足です」

と答えました

「今までのセックスはなんだったんだろうって思います」

ともお話しました

nonはご主人様の奴隷になってから、身体と心が変わりました

身体はご主人様の所有物になったことで、濡れやすく、自分でも恥ずかしいくらいの淫乱な雌になってしまいました

ご主人様の命令なら、何でもしてしまいます

「調教」

され、ご主人様の好みに添うようにしつけられています

 

これは心も同じで、ご主人様に

「依存」

ではなく

服従

しています

ご主人様に

「絶対に逆らわない存在」

です

 

ご主人様はnonの身体を使うことで

「満足」

して下さっているみたいです

今までの奴隷さんでも

「満足」

だった時期はあったようですが、nonと出逢った頃は奴隷は飼っていませんでした

nonとも婚カツのつもりで始まりましたが、今はお互いに婚カツ相手ではありません

 

「奴隷誓約書」で繋がった「主従関係」にある「ご主人様」と「奴隷」です

 

nonは今、ご主人様好みの

「変態奴隷」

に育てられている途中です

ご主人様に調教されながら、日々、成長している途中です

少なくとも今、ご主人様はnonを使った後に

「するんじゃなかった」

とは、思わないみたいです

それが救いです

ダメ奴隷すぎて、ヘコんでしまうこともありますが、ご主人様に誉めていただけることもあり、、、

「大好き」

になってはいけないと想いながら悩んでしまいます

ご主人様がnonを見る目は

「ご主人様が奴隷を見る目」

です

そこには

「奴隷に注がれる愛情」

があることは実感しています

「奴隷として愛されている」

のも自覚しています

今のままで贅沢過ぎるくらい幸せなのに、、、

私はわがままなのです

 

これから先、ご主人様に

「するんじゃなかった」

って思われることがないようにしたいです