金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって2年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

「エロエロだな」

真夜中のメールは危険です

10月も数日で終わる、ある夜のことでした

nonは絶賛生理中で、オナニーしたくても出来ない状態でした

 

それなのに、、、

ご主人様に操られて、エッチな気持ちは暴走していき、会話はどんどんエスカレートしていきました

 

 

「早く使って下さい」

「もうすぐだよ」

 

「あん、腰が勝手に動いてしまいます、、、

ダメです」

「エロエロだな」

 

「はい」

「ヒクヒク感じちゃってるか」

 

「はい、感じてます

ご主人様のことで頭いっぱいです

乳首にも触ってます」

「奥まで思いっきり入れてあげるよ」

 

「はい

早く本物のご主人様に触れたい」

あん、感じる、、、」

「きっと全く動かさなくてもイキまくると思うよ」

 

「はい」

「入ってるだけで、奴隷は感じるからな」

 

「はい

早く感じたい

ご主人様でいっぱいになりたい

今、オナニーしたいですーーー」

「乳首オナニーでもいけるだろ」

 

「はい

してもいいですか?」

「乳首噛まれてるの想像して思いっきりつねったら?

捻ってもいいね

そのまま変態らしく

乳首つねるだけで感じてイケ」

 

 

無言の奴隷です

弄りながら写真を撮って、ご主人様に送信しました

固くなった乳首が分かるように撮りました

 

 

 

「エロい乳首だな」

 

 

なかなか返信しないnonにご主人様は付き合って静かに待っていて下さいました、、、😳

 

 

「乳首オナニーで気持ちよくなってるな、、、

なってたかw」

 

 

 

快感の波に溺れて、なかなか水面に上がれない奴隷でした、、、😳

 

 

 

「寝ます

すごく気持ち良かったです

ありがとうございました

大好きです」

「😊」

 

「今日も明日も大好きです

奴隷にして下さってありがとうございます

おやすみなさい」

「おやすみなさい🌙」

 

 

10月の下旬から、先日逢えた日まで、nonとご主人様は今までで一番仲良しだったかもしれません

(今は性欲ゼロのストイックなご主人様になってるので、素っ気ないです、、、😭)

この時期のご主人様はお仕事の山を越えたらしく、nonに合わせて、奴隷の為に時間を下さいました

メールで色んな話をしました

今まで言えなかったこともお話しました

ご主人様はそんなダメ奴隷を受け入れて下さいました

打ち明けるのはとても勇気がいることでしたが、ご主人様は許して下さいました

ここしばらく

「私はもしかして、ご主人様に大切に想われているかもしれない、、、」

と、何度か実感しました

嬉しくて、嬉しくて、夢かもしれないとも疑いました

 

「ご主人様」と「奴隷のnon」

という

「主従関係」

は変わっていません

でも、ご主人様から掛けられる言葉が変わってきたような気がします

「奴隷として認めてる」

みたいな、、、?

勘違いでしょうか?

勘違いかもしれません、、、

勘違いでも、いいんです

奴隷のnonは今、幸せだから

 

上手く言えませんが、nonはご主人様の大きな愛情に包まれているのを感じます

その愛情は明らかに

「恋愛関係で生じる愛情」

とは違うことは分かっています

自分はご主人様の

「彼女」

ではなく

「奴隷」

ですから、、、

そこは自覚しています

この前、逢えた日はご主人様に包まれて、自分を解放してきました

何度も頭の中が真っ白になりました

ご主人様に見られながら身体がガクガクブルブルするような世界に何度もいかされました

 

「この方が、nonのご主人様で良かった」

「この方の奴隷でいられることは幸せ」

と、一緒にいる間に何度も思いました

この気持ちが「主従関係」の奥深さです

 

心ごと、奴隷として扱われて、更にnonの「エロエロ度」はパワーアップして帰ってきました、、、笑