金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって3年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

「ゲームしながらフェラさせるの、いいね」

 ✏この続きです

 

non46.hatenablog.com

 

 

 

 

ソファーに座ったご主人様の足の間にひざまずいてゆっくりとフェラでご奉仕をさせていただきました

車の中でドキドキしながらするご奉仕とは違い、ご主人様の足の付け根やおへその辺りをマッサージしながら、ご主人様の中心に顔を埋めていると幸せな気持ちが溢れてきます

ご主人様の身体の香りがしました

奴隷を服従させる香りです

ご主人様の股間に顔を埋めて、クンクンしてしまいました、、、笑

、、、幸せです、、、

恥ずかしいので、視線はご主人様とぶつからないようにしますが、時々、nonの頭や髪を撫でながら

「エロい」

と言ってくださるので、とても嬉しくなります

夢中でペロペロしていると、いつの間にかご主人様は携帯を手にしていて

 

「ゲームしながらフェラさせるの、いいね」

 

と笑顔でした

 

 

時々体勢を変えながら、ご主人様の乳首やお腹、股間周辺、足の先まで舐めさせていただきました

床に這いつくばってご主人様の指先を一本一本舐めあげていると、もう片足で踏みつけられたりしたような気がします

あんまり覚えていませんが、、、

 

ご主人様の身体を舐めていると

「飼われている満足感」

服従する気持ちよさ」

「支配されることの安心感」

「奴隷としての自分の確認」

と、いろんな感情が出てきます

 

「私がしたかったのはこれだったんだ」

 

と思うと心が満たされていくのが分かります

 

 

ソファに座ったご主人様がnonの腕を持ち、足置きにもたれかかるような格好にされ、後ろ向きになるように促しました

足置きに上半身を乗せて、四つん這いにされてしまいました

 

「オナニーして」

 

後ろから見られながらのオナニー強要です

アソコに手をやると、もうベチャベチャに濡れていました

足置きにもたれて、おしりをご主人様の前に突き出してするオナニーは恥ずかしくて、、、💦💦

でも、すごく感じていました

とても恥ずかしい格好をご主人様に見られているのは、快感でした

このブログを書いている間も、あの時の切ないようなあの快感が甦ってきます

今もアソコが濡れているのが分かります

ご主人様との時間は濃密で、離れていても奴隷のnonを言いなりにするには十分な思い出です

 

おしりをご主人様に向けて、オナニーを見ていただく間、恥ずかしくて自然と両膝が閉じていきました

ご主人様はその度に奴隷の足の間にご自分の足を挟んで、足を開かされました

おしりを高く突き上げて、アソコもアナルもご主人様には丸見えです、、、

感じ過ぎてアソコもアナルもヒクヒクしていたと思います、、、

思い出したら恥ずかし過ぎて、、、💦💦

 

消えたい、、、😢

 

すごく恥ずかしかったのは事実ですが、

 

「恥ずかしい姿を見ていただいている、、、」

 

と意識すればするほど、感じてしまいました

 

 

 

「クチュクチュ」

 

 

奴隷がアソコを触る音がご主人様にも聞こえていたと思います、、、

 

いつの間にか自分で腰を振りながら、更に高くおしりをご主人様の方に突き出していたと思います

「あん、、、あん、、、」

と喘ぎながら、オナニーをご主人様に見ていただきました