金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって2年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

ご主人様は麻薬

 ✏続きです

 

non46.hatenablog.com

 

 

 

「ほんとオナニーばっかしてるなぁ〜w

今週はアソコ触るの禁止にしよう

でも優しいからアナルオナニーだけは許す」

 

もともとは夏期休暇に入って一人エッチばかりしている奴隷に呆れたご主人様が発動した命令です、、、💦💦笑

自業自得と言われれば返す言葉がありません、、、💦💦

そのうえ、生意気な態度のnonに更に厳しい条件が付けられていました

 

「ほんじゃ、とりあえず毎日アソコを開いた写真を送る事」

 

 

 

やっとお許しが出ました、、、

「まー結構狂ってそうだから、今日はオナニー解禁するかな」

 

ご主人様の思い付きで始まった命令は約10日間続きました

10日ぶりに許可をいただきました

 

 

と、思ったら、またまた条件付きでした、、、💦💦

 

「まー、結構狂ってそうだから、今日はオナニー解禁するかな 

 

ただし手はダメ

パンツ食い込んでるだろうから

どっかものの角とかに擦り付けてのオナニーは許す

椅子とかの角で腰振って擦り付けて感じる惨めな自分を見て、人間以下の奴隷に堕ちたのを感じましょう」

 

 

泣きそうでした、、、😢

ご主人様が鬼に感じました

でも、酷い言葉を投げつけられても、それがご主人様から発せられた言葉だと思うと、ドMのnonにとっては

「屈辱感」

「快感」に変わるのです

 

 

「、、、毛布を足に挟んで耐えてました

毛布にエッチなお汁が付きました、、、

もう、こんな自分、恥ずかしいです

、、、でも、許可していただき、ありがとうございます

どこで出来るのか、考えてみます

お洗濯します、、、

ご主人様、大好きです

 

私を貴方の奴隷にして下さって、本当に感謝しています

ありがとうございます🙇

もっともっと、イヤらしい奴隷に育てて下さい🙇

ご主人様のお気に入りになりたいです

大好きすぎて、怖い、、、

夢中になりたくない」

 

「専用の性処理道具になるんだろ」

「はい

ご主人様の専用になりたい

ご主人様に他の人に出されたくない

、、、ごめんなさい

束縛しません

私はご主人様の専用です」

 

「奴隷は使ってもらえるだけで喜びを感じないと」

「はい

早く使って

もっと使って

もっと逢いたい

あ、これもダメだった、、、

ごめんなさい」

 

「しかしこの調子だと普通のホテルでもダメそうだな

声がw」

「はい

いっぱい苛めて下さい」

 

「よりよい理想の奴隷になってください」

「いっぱいいかせて下さい

たぶん、すぐにいきます」

 

「やはりラブホとかじゃないと近所迷惑だな」

「はい

あ、、、💦💦また出た、、、

溢れてきます、、、」

 

「変態め」

「はい

発情してます

常にご主人様に発情しています

精神的にも縛られてます

麻薬だ、、、」

 

「いい事だな」

「やったことないけど、、、笑」

 

「確かにw

さて朝飯食べます」

「はい

私は洗濯機を回します

毛布が光ってます

ナメクジが通った跡みたいです

笑」

「w」

 

 

夏期休暇中の週末の朝の楽しい一時間でした

ご主人様は朝御飯も食べずにnonの相手をしてくださいました

 

ご主人様とメールをするだけで濡れてくるのは条件反射のようです

ご主人様の言葉に脳と子宮が反応するのです

それは本当に麻薬です、、、笑

ご主人様に命令されればされるほど、止めることが出来なくなります

自分の意思では止められません

ご主人様の奴隷はご主人様中毒ですので、、、笑

そもそもこの身体の所有者はご主人様なのです、、、

 

 

麻薬って、やったことないけど、、、笑

理性では

ダメ、、、」

って分かっていても、脳と身体は気持ちいいのを覚えているから、ついつい手を出してしまうんですよね、、、?

本当にご主人様と同じです

時々、禁断症状が出たりしつつ、、、

 

この「ご主人様地獄」から抜けることは出来ないのです

 

 

✏当日書いたのがコチラ

non46.hatenablog.com

 

 

✏条件反射のお話はコチラ

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com


non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com