金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって2年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

「パンツくわえたらいい」

ご主人様にお願いし疲れて寝てしまった翌朝、nonは夏期休暇中、ご主人様はお仕事でした

朝イチにお客様に電話連絡をした後は仕事はもちろん入って無かったので、ベッドでウトウトしながらメールしました

 

 

「夕べ寝たの遅くて眠たくて、、、、

今、寝ぼけてアソコ触りそうになりました💦💦

乳首で我慢します

ダメです、、、

グチョグチョです、、、

ご主人様、触りたいです、、、

もう少し寝ます」

 

数分後に思いがけずに返信をいただきました

 

「かなりやりたすぎて寝れなかったようだな

こりゃ体に悪いかなw」

「わるいです、、、

ずっとご主人様のことを考えて眠れません」

 

「でもまートイレでも風呂でもいつでも触っていいんだけどね」

「ちょっとだけ指入れていいですか?

ダメ?」

 

「いいよ

そんなに濡れてるならそれをすくってアナルに塗ったらすぐ入るでしょ」

アナルは声が、、、」

 

「がまん」

「アナルに指入れて気持ちいいの?」

 

「アソコに指入れたいんです、、、」

「アナルに入れなさい」

 

「声がおさえられません」

「パンツくわえたらいい」

「、、、、、、」

 

 

 

もう何日間、ご主人様に

「触りたいです

指入れていいですか?」

とお願いしているんでしょう、、、😢

 

ご主人様は意思が強くて、やると決めたらとことんまでやるお方です

仕事においても、ご主人様としても、、、

 

nonとしては自分でアナルで感じるのは怖くて、ずっと拒否しています

我慢出来ずにしてしまったこともありますが、、、

なるべくならノーマルな形で感じたい、、、

 

でも、ご主人様はそれを許しては下さらず、奴隷はずっとお預け状態です😭

 

 

そんな状態でご主人様はnonに

「パンツくわえたらいい」

と、提案されました、、、

よくAVで無理矢理に口にショーツをねじ込まれて犯されていたりします、、、

 

それを自分で??💦💦

 

今日もご主人様はドSモードで、お願いしても絶対に許してはいただけないのが、経験上分かりました

ご主人様とメールをしながら、とても屈辱的ですが、自分でショーツをくわえて、アナルオナニーをするしか道はないのかな、、、

と考えていました、、、