金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって2年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

「透明の歯ブラシとかで次はやらせてみよう」①

七月の中旬のことでした

 


アナルオナニーの動画を贈った三日後にご主人様からメールをいただきました

 

 

「ようやく見たけどやっぱアナルってよく見えないんだな〜」

 

 

え?

今ごろ?😭😭😭

と、思いましたが、、、

見ていただいただけでも感謝です、、、

 

 

「はい、、、

そうなんですよね、、、

最初は後ろ向いてやってみましたが、見えないかな、、、

と思って、座ってM字でやってみましたが、やっぱりダメですか、、、😢

生で見て下さい🙇」

 

やはり指というのに無理があるんかな

透明の歯ブラシとかで次はやらせてみよう」

 

「え、、、???💦💦

歯ブラシ?💦💦

怖いけど、、、」

「そう?

細いじゃん

アナルディルドより余裕だと思うが」

 

「どれくらい入るのかが分からないから怖い、、、

歯ブラシって、10センチくらい?」

「それは自分で決めれるじゃん

指くらいでもいいし」

 

「そっか、、、」

「全部入れんでもw」

 

「笑

見えないから、怖い、、、」

「ま〜、でも俺のが入ってるんだから全部でも入るだろうけどね

そうするとアナルアップにして入ったりしてくところがよく見えるかなと思っている」

 

「、、、アナルを使っていただいてエッチの時って、入ってるんですか?」

「奥まで入ってますよw」

 

「あんな太いものが?💦💦」

「そして感じてます」

 

「そうなの、、、??💦💦」

「もう全ての穴に余裕で入れれます」

 

「、、、、、、💦💦」

「どこの穴でも感じる変態ですよ」

 

「そんなこと言わないで下さい💦💦」

「なので今日は口

今日はアナルと

好きな時に好きな場所で性処理ができる便利道具です」

 

「はい」

「使ったあとは綺麗にお掃除付きw」

 

「早く使っていただきたいです」

 



ご主人様の思いつきはいつも突然で突拍子もないことがあります

冗談なのかと油断していると、ほとんどの場合が本気なのです、、、

今回もたぶん本気です

ご主人様は奴隷に恥ずかしいことをさせたいのと、服従させたいのです

ご主人様と一緒にいる時間は、目隠しをされ、nonはされるがままです

全身が性感帯にされ、何をされているのか分からないけど、ただただ感じさせられるのです

バックから犯されている時は、

「気持ちいい」

と感じることしか出来なくなり、頭で状況を考えることは出来ません

後で

「こんなことしたら、こんな風になってたよ」

と、楽しそうな顔で言われます、、、

そんな時は恥ずかしくて、身体が熱くなるのが分かります、、、😳

 

 

「奴隷誓約書」にも誓っていますが、離れている時でも、ご主人様の快楽のために奴隷のnonは存在しています

『お側でご奉仕出来ない時は、貴方に喜んでいただけるよう、恥ずかしい私の写真をお送りします。』

『離れている時も、貴方がお側で見て下さっている事を意識し、貴方ならどうご命令されるかを常に考えて過ごす事を誓います。』

ご主人様を癒すのが奴隷のnonの役目です

 

 

「入っていくところが見たい」

というのが、ご主人様の希望です、、、

ご主人様とメールしながら、

「歯ブラシ、、、💦💦

出来るかな、、、?

喜んでいただけるなら、、、」

と思っている自分がいました

 

 

 

✏ご主人様は「ゆっくり入っていくところ」がお好きです 

non46.hatenablog.com

non46.hatenablog.com

non46.hatenablog.com