金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

飼われています⑤

禁止令と同時に出された命令は

 

「毎日アソコを開いた写真を送る事」

 

これって、とても苦しい命令です、、、

触ってはいけないのに、感じる場所の周囲に触らないと、命令は実行することが出来ません

オナニー禁止なのに、、、

写真を撮るために、アソコを指で広げなきゃいけないんです、、、

つらいです、、、😭

オナニーしたいのに

「寸止め」

です、、、

アソコはずっと濡れていて、いつでも入れてほしくてヒクヒクしてるのに、感じたい中心部には触れてはいけないんです、、、😢

 

ご主人様はやっぱりドSなんです

ご主人様は奴隷を扱うのが、本当に上手だと思います

 

どうすれば奴隷を苛めることが出来るか?

どうすれば奴隷を困らせることが出来るか?

どうすれば奴隷を感じさせることが出来るか?

どうすれば奴隷を狂わせることが出来るか?

どうすれば従順な性奴隷を作ることが出来るか?

 

nonのご主人様は天才的です   笑

nonは確実にご主人様の性奴隷になりつつあります

 

 

目が覚めてすぐにお詫びのメールを再度送りました

ご主人様の最終接続時間は更新されていませんでした

「おはようございます

夕べは申し訳ありませんでした

もう二度と約束を破りません

本当にごめんなさい

今日、我満出来なくなったら、アナルオナニーします、、、

しなくてすむように、煩悩を払拭します」

 

既読にならないのは出勤途中かな?と思い、私も身支度をしました

 

八時過ぎても既読にならず、、、

不安になりました

嫌われた?

命令を守れない奴隷は解雇?😭😭😭

 

 

「既読にならないのは、なぜですか?

呆れてますか?

怒ってますか?

本当にごめんなさい

こんな自分、イヤです

本当に申し訳ありません」

 

しばらく画面を見つめていましたが、オンラインにならないので、諦めて車に乗り込みました

出勤途中の信号待ちをしている時に、やっと繋がりました

「単に二日酔いなだけです」

 

、、、、、、ハラハラしたのに、、、

気になりながらも、ご主人様に無視されてるのではないことが分かったので、仕事に集中することにしました

 

この日は部下の大事な案件に同行していました

緊張からか、お腹が痛くなりトイレに行ってみると、、、

出血が、、、💦💦

ご主人様に報告しました

 

「10日も早いのに、生理?きました、、、

ビビりすぎて、体調悪くなりそうです、、、😢」

「なぜだろう」

 

「え?

、、、ご主人様が怖いから、、、」

「?怖いと生理来るんか?」

 

「笑

そこは関係ないかな、、、笑

でも、自分でわからないうちにビビりすぎて、体調くずれた?

ごめんなさい」

 

既読なのに、無反応です、、、😭😭

 

「何か言って下さい

無言が一番怖いです、、、」

「w」

 

「 、、、😢」

「特にないけど、、、

オナニーはまあ未遂ですねw」

 

「許してもらえますか?」

「そうね」

「ありがとうございます」

 

「今日も乳首いじめなさい」

「え、、、?💦💦」

 

「洗濯バサミではさんでひっぱる

それでオナニー我慢」

「えー😱

えー😱?   😢」

 

「?

昨日と一緒じゃん」

「一緒だから、、、

したくなるから、、、😢

いじわるです、、、」

 

「もうしないって言ってたじゃん

お仕置きですよ」

「、、、はい、、、たえます

ニコニコしてる、ご主人様が目に浮かびます、、、」

 

お互いオフラインになり、仕事に戻りました

隙間時間にメールしてました

 

「やっぱり鬼です

嬉しいけど、つらい、、、

つらいけど、嬉しいです

これが、奴隷なんですね、、、」

「それで喜んじゃうのがね

今日は乳首でイケるかなw」

 

「明日の午前中は出来ると思います

いいですか?

絶対に声が出ます、、、💦💦」

「布団に顔押し付ければ大丈夫だろ

パンツ咥えるという手もある」

「、、、はい」

 

 

帰宅して、お風呂から出て、報告しました

生理中なので、お風呂でシャワー流しっぱなしで、命令通りに洗濯バサミで引っ張りました

声は必死で抑えました💦💦

生理始まったから写真は送らなくてもいいですか?

生理終わったら、ちゃんと続行します」

「そうだね」

 

「ホッとしてるような、残念なような、、、

いや、すごく残念、、、

さみしい、、、😢

せっかく調教されてるのが、実感できて、

「飼われる」

って、こんな感じなんだ、、、

って改めて、この人がご主人様でよかったな~って思ってたのに、、、

逆らえずに、どんどん自分が壊れていくのがこわかったけど、、、」

「そのままいつでもイケる体に調教しようと思ってたけど、まータイミングですな」

 

「はい

ずっと濡らされるのが本当に気持ち良すぎて、、、

いつもオナニーしたかったです

って、こんな風に自分の中を書いてると、またしたくなります

触りたくなります、、、💦💦」

「変態ですなw」

 

「はい

ご主人様の変態奴隷になりたいんです」

「そっか」

 

「はい」

「まだまだ調教していかんとね」

 

「はい

ご主人様の好みに私を変えて下さい」

 

「そうだね」

「嬉しいです」

 

「では昨日も寝てないので寝ます」

「はい、ゆっくり寝て下さい」

 

「おやすみなさい」

「おやすみ」

 

 

nonの生理が始まったことで命令は一時休息になりました

この時の数日間は

「飼われる」

って、どんなことなのかを経験しました

「自分の体の所有者はご主人様」

ということを思い知らされました

 

奴隷になって約一年です

今までで一番、ご主人様のことばかりを考えていた数日でした

そして、「快感」や「快楽」、「イキたい」「指で感じたい」って、、、

仕事しながらそんなことばかり考えていました

こんなにずっと、愛液が出続けたのも初めてでした

乳首で感じたのも、、、

 

 

このブログを書いている今は8月15日の午前10時過ぎです

ご主人様の奴隷はまだベッドの中です

(読者の皆様、お仕事されてますよね、、、

すみません💦💦)

たぶん、ご主人様もお仕事をされています

 

「飼われています①」は8月初めの出来事です

長い夏期休暇中に残しておきたくて思い出しながら、振り返りながら書きました

 

この二週間のあいだに生理も終わり、また禁止令は復活しました

毎日、アソコを開いて写真を送ることも継続中です

 

今日も目が覚めて

「オナニーさせて下さい」

ってお願いしてますが、まだ既読になっていません

この身体は自分の自由にはならずに

「ご主人様のオモチャ」

ということを毎日のように実感させられています

自分から望んでご主人様のオモチャにしていただいたので、辛いけど我慢するしかありません、、、

辛いけど、幸せです

早くご主人様に実際にお逢いして、ご主人様を感じたい、、、

ご主人様に見られながら、思いきり乱れたいです

離れているのに、ご主人様に操られて、自分の淫乱さを自覚させられるのはとても恥ずかしいのですが、でも、楽しくもあり、怖くもあり、、、

 

ご主人様に

「飼われている」

幸せを感じながら、ご主人様からの返信を待ちます

 

 

✏これまでのお話はコチラ

 

non46.hatenablog.com

non46.hatenablog.com

non46.hatenablog.com

non46.hatenablog.com