金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって2年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

微妙な違い

昨日の続きです

 

 

「変態にされました、、、

もっとご主人様好みになりたいです

どうしたらなれますか?」

「どうしたらかな〜

とにかく契約書を見て

自分が性処理道具だと理解することかな」

 

「はい 

 使っていただきたいのに、、、」 

「究極はそれも思わない」

 

「??」

「道具だから使って欲しいって思うのではなく

使ってもらえたら感謝」

 

「はい」

「微妙な違いなんだけどね」

 

「今は使っていただきたいのに使ってもらえないから切ない」 

「奴隷からは欲しない

というのが本当の変態性処理奴隷と思ってる」

 

「どうしたら私に逢いたいって、思ってもらえるか、いつも考えてます、、、

これって、ダメ?」

「それはいいと思う

やはり常に美を意識しないとね」

 

「美 

って言われると、自信ないし、ヘコみます、、、😢」

「笑」

 

「やっぱりご主人様にはもっと若くてキレイな奴隷さんがいいのかな?」

「うーーん

あんま考えないけど

そもそも若くて綺麗な人に出会って奴隷になる確率ってどんだけ低いんだろうw」 

 

「ご主人様なら探せる気がします、、、😢」

「奴隷は別に年齢関係ないと思う」

 

「なんか、悲しくなってきました、、、」

「子供作るなら関係あるけど」

 

「ごめんなさい」

「なにが?」

 

「わからないけど、謝りたくなりました」

「なんだそりゃ」

 

「8月に逢えるまでに自分磨きしますね、、、」

 

 

 

ご主人様とnonの主従関係はあやふやで、nonは時々どう振る舞うのが正解なのかがわからなくて戸惑います

 

ご主人様の仰る

「奴隷からは欲しない」

の意味がいつも分からなくなります

 

何も欲しない

ってことは、お人形と同じじゃないんですか?

ご主人様のことを最優先にしながらも、nonのことも見ていただきたい、、、って思うのは、やはりnonが奴隷として未熟だからなのでしょうか?

ご主人様の喜びが一番と思いながらも、自分の悦びも求めてしまいます、、、

 

難しい、、、💦💦

 

もう一度、誰かと結婚(じゃなくてもいいから、一緒に穏やかに年を重ねていける相手に巡り逢いたい)したいけど、その相手はご主人様ではないとお互いが思っています

結婚も子供も望んではいないけれど、今より若くてキレイになれるならなりたい

リアルな世界では自分に満足しています

それなりに異性から声をかけていただけるくらいのレベルだと自負しています

ただ、ご主人様の前に立つと、今よりキレイな自分を見せたいし、若いに越したことはないし、、、と思ってしまいます

途端に自分に自信がなくなります

「どうして、こんな平凡な私を選んで下さったのだろう?」

と、いつも疑問がわいてきます

自信がないくせに、欲張りだな、、、と思います

 

ご主人様は主従関係は婚姻関係とは違うから、簡単に終わりは来ないとよく仰います

でも、今まで何人かの奴隷さんと終わりにしてきたから、ご主人様の今があるのです

nonもいつか飽きられて、解雇されるのではないかと、不安です、、、

こんなことばかり考えてしまうのは、ご主人様にもうしばらくお逢いしてないからです

 

8月まで、、、

長いよーーーーーーーーーーーー😭😭😭

 

 

「奴隷誓約書」を読んで、ご主人様の理想とする奴隷になれるように頑張ります

 

こんな時は新しい下着を買いに行きます