金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

≪今よりちょっとだけ大きな胸になって、ご主人様を誘惑して、濃厚なエッチをする≫

 

 

ほんとに笑ってしまう程度しかない貧相な胸がちょっとだけ大きくなったらな~という妄想は何度もしました   笑

 hy

感度はいいので、、、今の感度はそのままで膨らみがほしい!

 

ご主人様に胸を弄られていかされたいです

ご主人様の上に乗って、胸を揺らしながら、思いきり喘ぎたい

先端の感じやすいところをご主人様の舌で転がされて、時々強い刺激を与えられていかされたいです

出来ることならご主人様の大事なことろを挟んで、nonの胸でいっていただきたい

いつもは口に出されるのをnonの胸で出して、それを指ですくって舐める奴隷のnonを冷ややかな視線で見られたい

 

 

 

ご主人様のパワーが切れかけていている奴隷のnonです

ご主人様は新しい事業展開でお忙しいみたいです

奴隷のことなんか忘れています

というより、エッチなことには興味がないオリンピックを目指して自己研鑽しているアスリートみたいです

 

遠く離れている場所で飼われている奴隷は、相手にしてほしくてたまらないのに自分の想いの1/10も言えずにモヤモヤしながら放置されています

ご主人様のことばかり考えてリアルはグダグダかと言うと、そんなことはなく、仕事は順調で大幅超過で今月も終われそうです

リアルは社畜のごとく働いている中間管理職の私です

 

でも、やっぱり満たされない毎日にモヤモヤしています

 

もしも魔法が使えたら、ちょっとだけ肉体改造を施して、ご主人様にフルヌードのいやらしい奴隷の写真を贈って

「逢いにおいで」

と言っていただく!

 

と、夕べ寝るまでは思っていました

 

 

 

 

今朝、朝型人間のご主人様と6時前からメールをしました

「逢いたい」と呟くnonの言葉はお仕事の事しか話して下さらないご主人様に無視されています

もしかしたら、もうご主人様に飽きられているのかもしれません

このまま静かに解雇されてしまうのかもしれません

 

 

もしも魔法が使えたら、ご主人様に知り合う前に戻りたいと思います

「ご主人様」と「奴隷」の「主従関係」ではない「普通の恋愛関係」を築く男性と巡り逢いたい

 

 

と思い、文字にして吐き出してみると、やっぱりそれは望んでいない自分の気持ちに気がつきました

このままの我慢だらけの「主従関係」ですが、nonの方から終わらせる勇気はありません

「ご主人様」から「奴隷」のnonは離れられません

ここまでグダグダ書いてきた自分の気持ちは「未熟な奴隷」だからです

以前に誓ったことも出来ていません

 

反省します

 

「奴隷誓約書」を読み返してご主人様に喜んでいただくために何が出来るか考えます

未熟なので、自分の快楽や満足を求めてしまいます

ダメですね

だからご主人様のnonに対する興味も薄れてきてしまうのでしょう、、、

 

もっと魅力的な奴隷にならないと!

 

と言ってもアピールする方法がなくて、、、😢

ご主人様がお仕事モードからエロモードに切り替わるまで待つしかないのです

 

放置はまだまだ続きそうです

 

 

決めた!

やっぱり「魔法が使えたら」

 

「どこでもドアでご主人様に逢いにいく!」

 

 

 

✏奴隷が一番感じるのは胸です

non46.hatenablog.com

non46.hatenablog.com

non46.hatenablog.com

non46.hatenablog.com

non46.hatenablog.com

non46.hatenablog.com