金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって2年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

特別なおもちゃ

奴隷のnonはご奉仕が大好きです

 

この前お逢いした時は不完全燃焼でしたが、させていただきました

 

スマホをいじっているご主人様にたずねました

「なめてもいい?」

「いいよ」

 

 

ご主人様の足先から丁寧に舌を這わせました

ご主人様の足は原始人みたいな(nonの勝手なイメージ💦💦笑)足です

甲が高くてガッチリと地面を掴むような足です(伝わらないだろうな、、、笑)

指も分厚くて一本一本が逞しい感じ

nonが舐めていると、時々

「ピクン」

と動きます 笑

 

今回もご主人様の足に乗って、アソコがご主人様に足に吸い付くような体勢でご奉仕しました

この体勢でご奉仕をしていると、本当に気持ち良くて、、、

ご主人様はスマホをいじる手を止めて、nonを見ています

見られることを意識することで、ますます濡れてきているのが分かります

 

nonが動くたびに濡れたアソコはペチャペチャと音をたてます

またフェラをしながらご主人様の親指でアソコを弄られて感じてしまいました

 

「気持ちいいの?」

「はい」

 

「どこで感じてんの?」

「ご主人様の親指です」

 

「気持ちいいの?」

「はい」

 

「変態だな」

 

 

寝転んだご主人様は足元で一人で

「あんあん」

言っているnonを見て静かに聞いてきました

 

ご奉仕しながら、感じるポイントを自分で探りながら喘いでいると、ご主人様を近くに感じます

「ご主人様に飼われている奴隷」

の自分を実感するのです

ご主人様の親指はnonだけの特別なおもちゃです

 

それなのに、、、

 

また着信音に遮られ、ご主人様は

「はい、○○です」

と、経営者になってしまいました

 

あー⤵

この前お逢いした場面は、いつを思い出しても遮られてる、、、

 

お仕事の連絡が終わった直後のご主人様には話かけません

スマホで確認作業をしたり、入力したりしなければならないことを忘れないように、ご主人様の視線がnonに向くまでは静かに待ちます

この前は、ご主人様はそのまま次の電話をかけ始めたり、目を閉じて考え込むようにされることが多くて、、、

隣にいるのに遠い存在でした

 

 

ご主人様に逢いたいです

 

 

会社帰ります

 

 

✏「ご主人様がしたかったこと」が「奴隷のしたいこと」になりました 

non46.hatenablog.com