金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって2年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

「なってきてるよ」

✏この日の続きです

 

non46.hatenablog.com

 

 

 

 

 

お風呂から出て、明日の準備をしてベッドに入って携帯を開いたのは11時半でした

 

 

「寝てますか? 

今日はいっぱいLINEができて嬉しかったです

飛行機もありがとうございます🙇

今日はしません

おやすみなさい」

のコメントと一緒に久しぶりにM字開脚で写真を撮ってご主人様に贈りました

下着は着けたままで、、、笑

 

 

返信は期待せずに眠りにつきました

 

 

ピコーン💡

 

 

12時過ぎに返信をいただきました

 

「珍しく、しみてない 笑」

「お風呂から出たばっかりやから、、、💦💦

ダメです

LINEすると、したくなるから寝ます

おやすみなさい」

 

「笑

おやすみなさい」

「はい

おやすみなさい」

 

 

って、自分から終わらせておきながら、結局、30分後にまたLINEしてしまいました、、、

LINEはしないでおく、、、という選択肢は奴隷の身分ではあり得ないのです

「奴隷誓約書」

に「オナニーをする前、もしくは、した後に、報告致します」

と誓っていますから、、、

 

 

「胸でオナニーしてしまいました、、、

ご主人様に見られてるって想像しながら、触ってしまいました、、、

ごめんなさい

寝ます 

おやすみなさい」 

 

普段なら寝ているご主人様からまた返信が、、、

 

「やはりダメだったかw」 

「はい

もうすぐ逢えると思ったらおさえられません

既読になるだけで感じてます」

 

「当日、奴隷の本分間違えるなよ」

「はい」

 

「オナニーして気持ちよくなるんじゃなくてあくまで楽しんでもらうだからね

気持ちよくしてもらえるなんて思わないように!!」 

「はい

ご主人様に気持ちよくなっていただくために行きます

いやらしい私を見て楽しんで下さい🙇」

 

「性処理道具というのがあなたです」 

「はい」

 

「使ってあげます」

「はい 

ありがとうございます🙇

ご主人様がほしい」

 

「出るものすべて欲しいのね」

「はい」

 

「そういうのは変態奴隷らしい」

「嬉しいです

ご主人様好みの変態奴隷になりたいんです」

 

「なってきてるよ」

「本当に?⤴」

 

 

ここからしばらく、ここには書けないdeepな内容のやり取りが続きました、、、💦💦

そして、例のごとく調子に乗りすぎた奴隷の一言がご主人様の逆鱗に触れ、またまた戒められました、、、😢

 

 

「まだまだ理想には遠そうだ、、、」

「😭

頑張ります」

 

「期待してます」

「キライにならないで下さい」

 

「今回は特に厳しく欲求は何も通らないのでひたすら奉仕奴隷に徹しましょう」

「はい

お願い致しますm(_ _)m」

 

「それでも嬉しくてイキまくるのが奴隷です」

「はい

足でイクのは許してもらえますか?」

 

「そん時の気分だな」

「はい

はやくご主人様のをなめたいです

くわえたい」

 

「『舐めて気持ちよくなっていただきたい』

です」

「私の口で気持ちよくしてさしあげたい」

 

「『です』

そうそう」

「です

いっぱい私を使って下さい」

 

「そうね」

「一生懸命ご奉仕致しますm(_ _)m」

 

「楽しみにしてます」

「はい

オナニーもお見せ致します

楽しんで下さい」

 

「テレビ見てても常にオナニーしてるかフェラしてるかだな」

「はい

美味しいビールを飲んでいただけるように頑張ります」

 

「ゆっくり寝てください」

「はい

ご主人様が大好きです

おやすみなさい」

 

「オナニーするなよw」

「朝、するかも、、、」

 

「笑」

「おやすみなさい」

「おやすみなさい」

 

 

深夜に一時間以上もLINEをしたのは久しぶりでした

日中も含めるとこの日は二時間以上はやり取りが出来たと思います

 

本当に単純な奴隷体質だと自分でも呆れてしまいますが、、、

ご主人様とLINEをするだけで濡れてしまうのです😳

身体が勝手にご主人様に反応してしまいます

いつも未熟なダメダメ奴隷で、ご主人様をガッカリさせてばかりで、、、

へこんでしまうことも多いのですが、この日は思いがけず

「好みの変態奴隷になってきてるよ」

的なお褒めの言葉をサラッといただくことが出来ました

嬉しくて嬉しくてたまりませんでした💖

 

心も身体も満たされて、今度こそ眠りにつきました

 

 

そして、翌朝からはお仕置きを実行しました、、、