読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

何度も言わされました

正装になって、ご主人様におしりを向けて、、、

四つん這いになって、、、

 

恥ずかしさで何も言えず、顔が赤くなっているのが自分でも分かります、、、

 

アイマスクをされているので、ご主人様が何をしているのかも分かりません

恥ずかしさと不安な気持ちで、そのまま動けずにご主人様の言葉を待ちました

 

 

「ひくひくしてる、、、

 

「濡れてるよ、、、」

 

「ひだの一本一本まで見えてるよ、、、」

 

 

しばらく視姦されました

 

この前お逢いした時のスタートはアソコには指一本触れられずに、ア○ルだけを集中的に苛められました

 

(もー、、、💦💦、、、イヤ、、、💦💦😳)

 

恥ずかしくて、逃げようとすると、しっかり腰を掴まれて逃げられないようにおさえられます

 

パチッ

 

アナル用ローションのキャップを閉じる音がしました、、、

指でゆっくりほぐしていただき、おもちゃを入れて下さいました

 

そして、ご主人様につかれながら、アナル調教の最中に何度も言わされました、、、

 

 

「根本まで入ってるよ」

「、、、はい」

 

「どこに入ってるの?」

「、、、」

 

「今、どこに入ってるの?」

「、、、ア○ルです、、、」

 

「入れてもらって気持ちいいの?」

「、、、はい」

 

「どこに入れてもらってるの?」

「、、、ア○ルです、、、」

 

「どこで感じてんの?」

「、、、」

 

「どこに入れてもらってるの?」

「、、、ア○ルです、、、」

 

「感じてるの?」

「、、、はい

 

「アナル好き?」

「、、、はい、、、」

 

「どこに入れられるのが好きなの?」

「、、、ア○ルです」

 

 

「本当に変態だな、、、」

「、、、はい」

 

 

エッチの最中に本当に何度も言わされるのです

言わされる度に感度が上がるのが分かります、、、

 

 

本当にご主人様は意地悪です、、、

 

意地悪ですが、nonよりも奴隷のnonの身体の事をご存知です

 

だから、奴隷のnonのご主人様なのです