読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

ご主人様のもの

命令 主従関係

✏昨日の続きです

non46.hatenablog.com

 

 

 

 

「え?

アナルじゃなくて、アソコにですか、、、?💦💦」

「どっちでもいいけど」

「はい、分かりました」

 

すぐにご主人様の命令に従いました

 

アナルプラグをアソコに入れて写真を撮り、ご主人様に送信しました

 

「さっそく」

 

続けて、下着を着けた写真も贈りました

たまたまその日は前面がシースルーになっているショーツだったので、正面から見ると濃い紫色のアナルプラグが挿入されているのがはっきりと分かりました

 

「いいね」

 

と、返信をいただいて更に濡れていくのが自分でもわかりました

 

「それで濡らしながら今日を過ごしましょう 」

「7時過ぎには外していいですか?」

 

「入れっぱなしでしょ

風呂まで」

「あぁん、、、😭

辛いです、、、」

 

「外したら、ちゃんと奴隷らしくアナルプラグに感謝して口で綺麗にしなさい

そこまでやったら、オナニーしていいよ」

 

「動いたら落ちそうになります、、、💦💦」

「そうかぁ、、、

やはりアナルじゃないとダメなんかな

アナルももっと太いのにしないとダメかもね」

 

 「恥ずかしいけど、、、

すごく濡れてます、、、💦💦」

 「やっぱ変態だな」

「、、、はい

ご主人様の奴隷です🙇」

 

一時間くらいそのままの状態で晩御飯を作ったりお洗濯物を畳んだりしてました

 

「すごく濡れていて、困ってます、、、💦💦

辛いです、、、😢」

 

紫色のアナルプラグに白い愛液が絡み付いた写真をご主人様に贈りました

アソコに入ったアナルプラグから恥ずかしい液が溢れて、滴り落ちそうでした、、、

 

「今度は会社にもしていかないとな」

「えぇー💦💦それは許して下さい🙇💦💦」

 

 

ご主人様の思い付きの命令はnonにとっては、とても辛いものでした

アソコに異物が挿入されたままでの日常生活は日常ではありませんでした、、、

何か動作をする度に、アソコに意識が向くのです

正確にはアソコの入り口付近に、、、

上手く表現出来ませんが、ずっとアソコに指を添えて、焦らされているような感覚です、、、

意識をすると、無意識に子宮が疼いてしまい、無意識に入り口付近を自分で締めてしまい、その収縮でアナルプラグがショーツの中で動くのです、、、

「あっっ💦💦」

「んっ💦💦」

と、何度も小さく喘いでしまいました、、、

 

 

寝る前にご主人様には報告をしました

 

「10時にお風呂に入るまで三時間半、入れてました

お風呂に入る前にキチンと舐めてキレイにしました💦💦

しょっぱかったです、、、😳

すごく濡れてました

今日も飲み会ですか?

それとも、もう寝てますか?

ご主人様とのことを考えながらオナニーしました

今日は普段より濡れていました

どれくらい濡れているのか、ご主人様の指で確かめてもらいたいです、、、

おやすみなさい」

 

翌朝早くご主人様から返信をいただきました

 

「昨日寝てなかったから寝てました、、、

あんなもの入れて過ごして感じちゃうってほんと変態だなぁ」

「はい、、、😳」 

 

初めてのアナルプラグでの調教

たった三時間半でしたが、初めての経験に疲れきってしまいました、、、

 

ご主人様の命令に

「私のアソコはご主人様のものなんだ、、、」

と、改めて意識した数時間でした

 

✏奴隷の身体はご主人様のものです

non46.hatenablog.com

 

 

✏この日はこれのベージュでした

non46.hatenablog.com