金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

力が入りません

二人でいる時、ご主人様はトランクスを履いてたり、ガウンを着てたりしてますが、nonはずっと正装です

正装でご主人様にひっついてウトウトしていると、不思議とアソコはずっと濡れています

 

 

ご主人様に逢っている時は何度も何度もエッチが始まります

6:4くらいの割合でnonの方から始めてしまいますけど、、、笑

 

何度目かのエッチの最中、nonは本当にクタクタで身体に力が入らないくらい疲れていました

でも、この時のご主人様はまだいってなくて、、、

長い間、nonは解放していただけませんでした、、、

 

アソコにはディルドが入ったままでベッドに仁王立ちになってるご主人様にフェラをするように促されました

正座をしてご主人様にご奉仕していましたが、本当に身体に力が入らなくて、、、

座っているのがやっとでした

 

でも、口には大きくなったご主人様が入っていて、頭を後ろから抑えられているような状態でご奉仕していました

 

時々、ご主人様はnonの頭をぐっとご自分のお腹に押し当てて、nonが

「ウグッ」

となるのを楽しんでいるようでした

体力消耗して目を開ける事が出来なくて、ただただ口を、喉の奥までご主人様に犯され続けました、、、

 

身体に力が入らなくて、最後どうなったのか、これを書きながら思い出そうとしていますが、思い出せません、、、

最後、どんな風に解放されたのか覚えていません

 

でも、ディルドを入れたままのご奉仕に感じていたことだけは覚えています