読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

上がったり下がったり

この前逢った日は小雨でした

 

nonが空港からご主人様の会社の近くまで移動して、最初に待ち合わせたのは地下街でした

近づいてきたご主人様はマスクをしてました

「風邪ですか?」

「花粉症」

「そうなんや、、、」

 

nonの周りも花粉症の人は多くて、皆大変そうです💦💦

中には鼻水がひどくて鼻セレブを抱えて、外回りに行く部下もいます

 

マスクをしてると表情が見えないから、nonは不満でしたが、、、

 

 

地下街を歩きながら、地元の話をいっぱいして下さいました

ご主人様の住んでる都市は地下街が整備されていて

「僕らは地底人なんだよ」

と、笑って話して下さいました

 

夏の暑い時期も、寒い時期も、花粉の時期も、地下を歩くそうです

地元民はどの出口が地上のどこに近いか知ってるそうです  笑

完全に車社会のnonには新鮮でした

 

お昼ご飯の為に地上に出た途端にご主人様はくしゃみを連発しました

「大変💦💦」

と、心から同情しました、、、、💦💦

 

お店に入ると、すぐにマスクを取って、nonに笑顔で

「何食べる?」

と、いつものご主人様でした

 

食べ方を教わりながら、とても美味しくいただきました

 

ご飯を食べながら仕事の話を沢山して下さいました

ご主人様のお仕事の話は本当に興味深くて話していて、刺激を受けます

 

 

二日前に、昼間にnonが水筒のパッキンがうまくはまってないのを気付かずに飲んで、スカートと車のシートがお茶まみれになった写メをご主人様に送りました

もちろん、バックの中もずぶ濡れで、自分のどんくさいのが本当に笑えて、、、

 

会社では出来る女風に振る舞ってるので、誰にも言えないので、ご主人様にLINEしたんです

返信は期待してませんでしたが、思いがけず返信をいただいて、ちょっとだけLINEしました

 

その時にご主人様がご自分の仕事のことを教えて下さって、、、

nonが知っているご主人様って、本当に氷山の一角なんだな、、、と思いました

ご主人様の知らなかったことを知れるのは、本当に嬉しくて!

 

ちょっとしたことで、上がったり下がったり、奴隷の毎日はご主人様次第です