金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって2年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

誰のもの?

✏この続きです

 

non46.hatenablog.com

 

 

 

 

ご主人様はnonをバックから犯しながら、

また、質問してきました、、、💦💦

 

「今、どこにいれてもらってるの?」

「、、、」

 

「どこ?」

「、、、アナル、、、です」

 

「ここは誰の専用なの?」

「ご主人様です」

 

「この口とアナルは誰のもの?」

「ご主人様のです」

 

「ご主人様の専用なんでしょ?」

「はい」

 

「他の人に使われたら、もう使ってあげないからね」

「イヤです」

 

「ご主人様以外にはつかいません」

 

 

後ろから犯されるのは、苦しくて、、、

枕に顔を埋めて、おかしくなるんじゃないかと思うぐらい感じながら、ご主人様の質問に答えました

こんな風に言葉でも責められることで、いつも以上に感じているし、手を縛られて背後から犯されながら、ご主人様はnonの感じるところにも手を伸ばしてきます

 

乳首を潰されるように時々力を込められると、耐えられなくなります

その度にnonのアナルもアソコもご主人様を締め付けるらしく、ご主人様は

「力抜いて」

とか

「気持ちいいの?」

と時々聞いてこられます

「うん、、、うん、、、」

と声にならない声で喘ぎながら首を縦にふるので精一杯でした

 

愛液をつけた指で感じやすい周囲をクルクルとなでられながら触られたり、濡れた指で乳首に塗られながら、ご主人様の責めは続きました

 

濡れた部分を弄ばれ、呼吸が早くなり、やっと、やっと、ご主人様の質問に答えました

 

nonがご主人様を裏切って他の誰かにご奉仕するなんて、有り得ないのにわざわざ聞いてくるご主人様はドSだと思います

Mのnonの性質を分かっていて、追い詰めてきます、、、

 

ますますご主人様に心も身体も征服されていくのが分かります

 

落ち着いた時には目隠しのタオルはどっかにいってましたが、全然気が付いていませんでした 

 

 

✏奴隷になった最初の頃に「奴隷誓約書」に書きました

 

non46.hatenablog.com