読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

ほしいもの

エッチ

「ご主人様の唾がほしい」

 

自然にnonの口から出ました

今まで何度か思っていました

 

ご主人様がほしい

 

中に出してもらうのはリスクが高すぎて、、、

でも、ご主人様がほしい

 

ご主人様が以前

「奴隷は何でもほしがる」

と話して下さいました

 

「ふーん、そんなもんなんかな、、、?」

とその時は聞き流しました

自分はそんな風にはならないと思っていました

ご主人様に盲目になるのは怖いし、依存したくない、、、

 

でも「唾がほしい」と思ってしまいました

 

ご主人様はnonの上に被さって優しくキスをして下さいました

だんだん激しくなって、舌を入れられ、耳を噛まれながら、ご主人様の口元は首筋から乳首を愛撫して下さいました

nonは感じ過ぎて、ずっと喘ぎながら、首をすくめながらご主人様を感じていました

 

「唾下さい」

 

お願いしてから一度、ご主人様の舌はnonの口から離れました

 

それから、再びnonの唇に触れた時に、温かいご主人様の唾がnonの中に流れてきました

少しタバコの味がする、ご主人様の唾

 

こんなことまでブログに書くなんて、

私、おかしいですね、、、

 

夜更かしし過ぎて、思考がメチャクチャ

 

眠いです

 

おやすみなさい

 

 

✏昨日の夜中に書いてました

自分をありのままに吐き出しすぎで、ダメだと思い、公開しませんでした

躊躇しましたが、奴隷のnonが正直に書く場所なので、、、

私の自己満足ブログなので、、、笑

 

許して下さい