読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

濡れたシーツ

エッチ

寝転んでお喋りしている時に、nonからご主人様に向き直り

「手貸して」

と、左手を手のひらを上にしてベッドに置いていただきました

 

その手の上にnonは座り

「指、、、入れて」

と、お願いしました

 

ご主人様は中指を立ててnonの中に入ってきました

 

「めっちゃ、濡れてる」

と、大袈裟に言われて、恥ずかしかったです💦💦

 

それまでにずっと全身で感じていたので、濡れてるのは分かってました、、、

「言わなくていいやん、、、💦💦

いじわる、、、」

と思いながらも気持ち良くて、ずっと目を閉じて喘いでいました

 

ご主人様の指はヘビか芋虫のように、nonの感じる場所を探していました

ご主人様の指は激しい動きではなく、静かにゆっくり、nonの中にいました、、、

最初はほとんど動かされなかったけど、

「ご主人様の指がnonの中に入ってる」

って意識するだけで今までにないくらい満たされて感じていました

 

 

指が2本になったかと思うと、もう普通に座っていられなくて、足を曲げたまま、後ろに倒れてしまいました

 

十分気持ち良くて、満たされて、満足したnonでしたが、ご主人様の指はまだ止まらず、、、

 

足を曲げたまま、仰向けで、周辺を指で弄られ続けて、、、

何度も何度もいきました

 

何度もいかされました

 

途中、おしっこしたくなるような感覚に何度も襲われましたが、動けなくてされるがままでした

 

潮吹きしていたそうで、ご主人様の肘まで濡れていたそうです

 

「めっちゃ濡れてた

ここまで、濡れてたからねー」

と肘を指差して楽しそうに言われてしまいました

 

「おしっこ?え?漏らした?💦💦」

「潮吹きだよ」

ベッドのシーツがぐしょ濡れでおおきなシミができてました💦💦

 

今まで、2回くらい

「潮吹き」

したことがありますが、、、

こんなに、連続でいかされて、びしょ濡れになったのは初めてでした、、、

 

濡れてるシーツを見て

「ご主人様に奴隷として調教されてる」

「奴隷として、感じやすい身体に変えられている」

って思えて、嬉しくなりました

 

 

起きれるようになって、改めて濡れてるシーツを見て

「帰る直前で良かった💦💦」

って思いました

 

✏「指一本だけ、私に貸して下さい」って、お願いしてました

non46.hatenablog.com