読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

コーヒータイム

お昼ご飯はご主人様が名物を食べに連れて行って下さいました

食べ方の作法?(笑)を熱く熱く語りながら、少し早いお昼をいただきました

 

小雨の中をお昼休みのサラリーマン達に紛れて少し歩いた場所にあるコーヒー専門店に入りました

 

そこはご主人様の会社のすぐ近くで、メニューにはコーヒーしかありませんでした

ご主人様は基本はブラックらしいのですが、

「ここは濃いからミルクを入れてしまう」

と、笑ってました

nonは基本は「全入れ」です

マクドのテイクアウトだと、ガムシロ2個+ミルクです

 

でも、なんか

「お砂糖下さい」

とは言えず、、、💦💦笑

 

白衣?(コックさんが着てる白い制服みたいな)を着たマスターが丁寧に入れてくれたコーヒーにミルクだけでいただきました

 

味はもちろんでしたが、お店の雰囲気がステキでした

カウンターの7席だけの細長い店内にはスーツの年配の男性が二人いて、会社の経営について、私達のことはお構いなしに熱いトークをしてました

 

ご主人様は時々、ここにコーヒーを飲むために来るそうです

なんだか、贅沢な時間だな、、、と思いました

 

nonとご主人様がコーヒーを味わっている最中に私の会社の部下からLINEが入りました

放置しようか迷いましたが、気になってる案件だったので、携帯をチェックさせていただきました

 

部下からの報告では、事態は良くない方向に進みそうな感じでした、、、

私の経験したことのない分野だったので、

「ねぇねぇ、これってどう思いますか?」と、ご主人様に相談してみました

ご主人様はピッピッと携帯で調べて、nonにLINEをして下さいました

nonはそれを張り付けて、部下にピッピッとLINEして、問題解決しました!

「ご主人様すごーい👏」

と、改めて感心した奴隷です

 

携帯の画面を二人で除き混んで調べている間、カウンターの下でnonのミニスカートから出た足はご主人様に密着してました

ご主人様がnonに向き直ったり、身体を揺らす度に、nonの太ももにご主人様の足が触れて、、、💦💦

勝手にドキドキしてました、、、💦💦

ご主人様が手を伸ばせば、スカートの中にすぐ触れることが出来るくらい近い距離でした

カウンターの下で膝が触れる度に

「濡れてるかチェックされる?💦💦」

と、焦っていましたが、、、

 

 

ご主人様はそんなエッチな素振りは全く見せず、、、笑

nonだけが、

「触られたら、どうしよう、、、💦💦」

と、一人で妄想してました、、、

 

ご主人様に話したら

「どんだけ欲求不満よ、、、笑」

って言われるだろうな、、、

絶対に言いませんけどね

 

 

✏マンションの桜がもう満開になってました

写真はイマイチですが、すごく綺麗です


f:id:non46:20170405201124j:image