金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

見たいんですよ

 10月の初めのある日のやり取りです

 

non46.hatenablog.com

 

この日のご主人様は打ち合わせを兼ねた飲み会終わりで、酔っていました

お酒の入ったご主人様はとてもエッチになるので素面のnonは困ってしまいます、、、

 

いやらしい写真を送るように!という命令の他に別の命令もありました、、、

 

「それよりもLINEカメラで触ってる動画がいいな

どれだけ濡れてるかよくわかるしね」

 

時間は12時を回っていましたが、従順な奴隷は何枚も写真を取り直して、動画の撮影もチャレンジしました

でも、動画の撮影には慣れてなくて上手く撮れませんでした

とりあえず写真を贈りました

 

「よく見えた

さっきの方がエロい汁がいっぱい出てたなー」

「動画はやり方がよくわからないので、連休中に修得するように、研究します、、、」

 

「なんだそれw」

「だって、ちょっとでもキレイに見てもらいたいから、、、」

 

「そっか」

「さっき、ちょっとやってみたけど、ブレて、、、

何が写ってるか、よくわからん感じ、、、」

 

「でもいっぱい濡らしてイヤラシイ変態奴隷を見たいんですよ

研究しましょうw」

「はい」

 

「でも、毎日オナニーして濡らしてほんと変態だね」

「はい」

 

「朝も濡らして

昼も濡らして

夜はオナニーして

それを見てもらって感じてるんですね」

「、、、はい

目の前で見せたいです」

 

「なんかいい奴隷になってきたなw」

「嬉しい、、、でもね、、、」

 

「はい」

「最近、仕事中もエッチなことを考えてしまうから本当に困ってます」

 

「W

そういう時は

トイレに行って写真撮って仕事中にこんなにしてしまう変態ですみませんと写真を送ればスッキリです

 

 

nonをいじめて、楽しそうなご主人様

お酒の入ったご主人様はいつもより更にエッチになって、LINEの文面がいやらしいんです

読んでて恥ずかしくなります

どんな風に言えば、Mのnonが濡れるかわかっているのです

ドSなご主人様とのLINEにいつも濡らされてしまいます

 

「イヤラシイ変態奴隷を見たい」と言われると嬉しくて、どんな写真を贈れば喜んでいただけるか、どんな動画を贈れば楽しんでいただけるかと考えるのも楽しいです

ご主人様の喜びが奴隷のnonの悦びです

 

 

でも、、、

さっきまでのおちゃらけたご主人様とは別人のように、急に態度は一変して厳しい事を言われてしまいました

 

 

「ところで一つ注意」

 

✏この時に注意されたことを書いた記事がコチラ

non46.hatenablog.com