読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

「逢いたい」のこたえ

二人の時間

ご主人様とnonは休みの日はいろんな話をします

昨日は朝から学校のテストの話になりました

 

5の取り方が凡人のnonとは違っていました

 

ご主人様と話していると、時々、IQの差というものを感じることがあります

そんな時、ふと、

「nonと話していてご主人様は楽しいのかな?」

と不安になります

今までも何度か聞いたことがありましたが、昨日も聞いてしまいました

 

 

「ご主人様、私といてつまらないんじゃないですか?」 

「なんで?」

 

「考えてることが違うから、退屈なんじゃないかと、不安になります」 

「同じこと考えてる人なんていないでしょ」

 

「そうか、、、

私は自分に出来ることをしてご主人様のお側にいますね」 

「どんな人でも、その人の人生聞けばおもろいもんよ」

 

「はい

早く逢いたいです

 

コートいるかな?」 

「どうだろうね、、、

オシャレさんは春コートかなぁ」

 

「スカートはミニでも、長いコートを着ていきたい心境」

「笑」

 

「本当に楽しみ💖」

 

 

時々、ご主人様と釣り合っていない自分を自覚すると、落ち込むこともありますが、その度に

「解雇されてないから、今の自分でいいんだ、、、」

と思うようにしています

ご主人様のプラスになる女性になろう、、、と意気込んだ時期もありましたが、そもそもご主人様はnonからプラスになる何かを得よう!とか思っていないということに気が付きました

分からないけど、nonには違う何かを求めているのです、、、

何も求められてないのかもしれません

 

 

「逢いたいです」

というnonに

「そうだね」

と応えて下さるご主人様のお気に入りに早くなりたいです

 

いつも

「逢いたい」

というのはnonの方からです

 

いつかご主人様から

「逢いに来てほしい」

と言われてみたいです