読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

禁欲生活

✏ご主人様が日本を離れる前に奴隷に出された禁止令のお話はコチラ

non46.hatenablog.com

 

 

 

禁欲生活をしようと誓ったものの、いきなりすぎて、、、

 

「今夜は飲みですか?

はい、わかりました

アナルオナニーはしたくないので、がまんします、、、

アナルはやっぱり自分でやるのは怖いし、声出るし、、、

ご主人様にしてもらうのはすごく気持ち良くて、、、

というか、感じすぎて、自分が壊れてしまいそうになって、あんまり覚えてない、、、💦💦

アナル調教されてる最中は

「私はご主人様の奴隷なんだ」

と思います

すごく気持ちいいとしか覚えてない、、、 

 

既読になるまでがまんします

もし、疼いて、感じたくてたまらなくなったら報告します

大丈夫かな、、、?

ご主人様はいじわる」

 

禁止令が出されたのはまだ仕事中で会社にいました

帰宅して、このLINEを送ったのは日付がかわる直前でした

 

既読になるのを待っていましたが、ならないのであきらめて、またLINEをしました

 

 

「既読にならないのは、もう命令発動されたのでしょうか?

あーん、ご主人様ー

触りたいです

今夜だけ指でいかせて下さい

とりあえず我慢して寝ます

○○に行く前にもう一回だけ感じたくて、、、

ご主人様がこのLINEを見たら「していいよ」って返信下さい🙇

 

それまでは、我慢します、、、

おやすみなさい」

 

 

諦めて寝ていたら返信をいただきました

 

「していいよ

今日はね」

「ありがとうございます

おやすみなさい」 

「おやすみ」

 

 

ご主人様から許可が出たので触ってしまいました、、、

 

 

「おはようございます

夕べはいったまま寝てました

アソコに触ったまま、寝落ちしてました💦💦

で、夜中に目が覚めてティッシュで、フキフキして、、、💦💦

恥ずかしいです、、、💦💦

ご主人様にちゃんと言ってなかったけど、最近、はっきり自分がいくって感覚わかります

わかるようになりました

だから、触ってしまう回数が増えたんだと思います、、、

今度逢う時には自分でイク私を見て下さい

今も濡れてる感覚があります

アソコ触りたい、、、

 

でも、我慢します!

本当に辛くなったら、アナル、、、

やります、、、

 

きちんと報告致します🙇

ご主人様、大好きです

気を付けて行ってらっしゃいませ🙇」

 

ご主人様が出発する朝に送ってるLINEです

自分で書いてる文章ですが、本当にエッチなことしか頭にない中学生みたいな文章で読み返すと恥ずかしくなります、、、笑

こんな私ですが、昼間はキチンとお仕事してます、、、笑

そしてその夜にもキチンと報告していました

 

「お疲れさまです

今日はアポ、来社、イベント、同行でずーっと、部下と一緒で、仕事以外は考える暇がありませんでした

今からお風呂入って、疲れたまま、早く寝ます✨

おやすみなさい」

 

 

禁欲生活を成功させるために奴隷なりに考えたのが、

とにかく働く

   ↓

疲れて寝る

の生活をすることでした

 

この時にご主人様はLINEの「繋がらない国」に行ってるはずなのに、なぜか既読がついてました

「ん?

ご主人様は読んでる?」

と思いつつ、返信はないのでそのままにしていました

 

「おはようございます

してませんよ!笑

今、目が覚めて普段なら乳首触りたくなるけど、触ってません!

でも、濡れてるのはわかる、、、

逢いたい、、、

ご主人様を舐めたいです

ご主人様に私の口で気持ちよくなってほしいです

逢いたいーーー」

と、心の叫びをぶつけてたら、思いがけずに返信をいただきました

 

「なぜかこのホテルはLINEが使える、、、

不思議だ、、、

口しか使わなくても、使って貰えた事に感謝できるようにね」

 

「はい」

「そして、それだけでもイッちゃうようになったら、理想の奴隷に成長してるって事だね」

 

「繋がるってことはしてもいいの?笑

ごめんなさい、嘘です

ご主人様の許可が出るまで、我慢します、、、」

「まーでも実際今日の夜には○○に移動でLINEは使えるようになるから、今日の夜までだね」

 

「意外と短かったな、、、つまらんからあそこの写真送っといて

もちろん写真だけで触っちゃいけません

そうしたら変態汁が夜まで溢れそうだからw」

 

出勤途中に出された命令にドキドキしました

朝イチからアポが入っていたので、

「撮りました」

と、写真を送れたのはお昼の時間を過ぎていました

お客様と面談中もご主人様の命令が頭をよぎって、ずっと濡れていて、、、💦💦

ご主人様の命令通りに触れずに写真だけを撮りました

意地悪なご主人様の思惑通り、十分濡れているのが分かるイヤらしい写真でした、、、

身体も心もご主人様の奴隷になっています

仕事中でもご主人様の事を考えると条件反射のようにアソコが湿ってきます、、、

 

奴隷になったばかりの頃は身体と心の変化を受け入れる事に戸惑いました

「いけない世界に踏み込もうとしてる、、、

「このまま進むと引き返せなくなる、、、

 

 

でも今は、ご主人様を信頼しているし、ご主人様のいる生活が私には合っていることも自覚出来ているので、この不安は消え去りました

 

今は、ご主人様の色に染められて理想の奴隷に成長したいと心から思っています

 

 

✏「つまらん」からと出された命令のお話はコチラ

non46.hatenablog.com

 

 

✏禁欲生活中の奴隷の様子はコチラ

 

non46.hatenablog.com

 

non46.hatenablog.com

 

 

✏変わっていくのを受け入れた頃のお話はコチラ

non46.hatenablog.com

 

 

✏自分ではいけないのが悩みでした

 

non46.hatenablog.com

 

non46.hatenablog.com