金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって2年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

指一本だけ

「おはようございます🙇

しました😳

ダメです

頭の中はご主人様に逢った時のことでいっぱいです💦💦

やりたいこと、してほしいことだらけです、、、

早く逢いたい

ご主人様に触れたい

起きます」 

「笑

オナニーショーグッズは忘れずにw」

 

「はい」 

「しかし、一体何をやりたくてやってほしいのか、、、

僕は日頃のストレスを奴隷に解消させてもらう予定w」

 

「はい、ご主人様の為にご奉仕します

私でストレス解消して下さい🙇

 

やりたいことは、、、

いっぱいあるけど、、、

フェラしてる私を見下ろしてほしい、、、

目が合うといつもゾクゾクします、、、、

その視線に感じてしまいます、、、

 

ご主人様は私のことなんか気にせずにテレビ見てていいんです

指一本だけ、私に貸して下さい🙇

私は勝手にご主人様の指で感じてますから、、、笑

 

ご主人様の親指でも、、、 

怖いけど、したい」

 

「なかなか楽しそうだ」

 

 

ご主人様に逢えるのは、まだもう少し先です

 

本当はやりたい事より、やってほしい事が数倍あります、、、笑

でも、奴隷なので、希望は言っちゃダメなんです

ご主人様が聞いて下さったら止まらなくなりそうです、、、

ダメですね、、、

本当に奴隷失格です

 

 

ご主人様には疲れを癒して、ストレス解消していただきたいです

その為に奴隷のnonが存在しているのです

 

でも、今朝はお願いしてしまいました

「指一本だけ貸して下さい」

って、、、

ご主人様の指は魔法の指なんです

毎回、お別れする直前はご主人様に指でいかせていただいてます

いつもは寝転んで指を入れていただくのですが、次に逢った日はご主人様が手のひらを上に向けて置いてる上に跨がってさせていただくつもり、、、

ご主人様に指を一本だけ立てていただいて、その指でnonは勝手に感じていたい

 

「動かさなくていいです」

と言っても、ずっと動かして下さるかも、、、

とっても楽しみです

 

早くご主人様の指で感じたい