読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

超越してる不思議な関係

主従関係

✏          ✏          ✏

一度、書いてる途中でアップしてしまい、上書きしました

すぐに気が付いて修正しましたが、既に読んで🌟を付けて下さってた方がいらっしゃいました、、、

書きかけで、なんかチグハグな終わり方で可笑しかったと思います、、、💦💦

恥ずかしいです💦💦

すみません💦💦

 

でも、いつも読んでいただいて嬉しいです

ありがとうございます🙇

 

どんくさくて、本当にイヤになります

すみません💦💦

✏          ✏          ✏

 

 

 

 

日曜はゆっくり時間が流れました

 

「喉が痛くてベッドでゴロゴロしてました

またオナニーしてしまいました、、、😳

ご奉仕と私のオナニー見て、ご主人様にいやらしい気持ちになってほしいです

ご主人様がほしいーーー

ぐちゅぐちゅに濡れてます、、、

どーにかして下さい  笑  

ここ(ベッド)にいたら人間がダメになる、、、笑

起きます」

 

「モヤモヤしてる間にむくんだんじゃない?

その前にいつまでダラダラよ笑」

「普段ダラダラしてないから日曜くらい許して下さい、、、

ご主人様がダラダラ出来るのはいつ?

働きすぎで倒れないようにして下さい🙇」 

 

「まー、次会うときはダラダラするわ」

「うん!

どこにも行かなくてもいいです

お部屋でゆっくり話したり、うとうとしたり、テレビ見たりしたいです

 

ところで、、、ご主人様の欲求不満な奴隷は最近なぜかメールがきます、、、笑」

「モテるねぇ~」

 

「LINEになる前にサイト内でやり取りしてたメール、読みたくなったけど、読めない」

「もう、無理なんだろう、、、」

 

「うん、なくなってます、、、😢」

「きっと爽やかだっただろうw」

 

「まだ、普通の人の仮面を被ったS男さん  笑

あの時はこんな風に奴隷誓約書を書いて、ご主人様の虜になるとは思っていませんでした」

「だなw」

 

「でも、今の関係は気に入っています

 ご主人様の存在が私を落ち着かせてくれます

本当に奴隷にして下さってありがとうございます🙇

感謝しています✨

ご主人様が大好きです」 

「6月が懐かしい」

「本当に、、、」

 

「ちなみにちゃんと最初から性癖書いてるので仮面被ってないぞwww

Mしか合わないってプロフに書いてるし

とは言え、読まずにメッセージ送ってくる人多いけどね」

「私もMですって書いてたでしょ?

プロフの中身はご主人様に言われて削除した気がする、、、

でも、しばらく見てないから、春に向けてメンテしようかな、、、

 

私に彼氏作ってほしいよね、、、?」

 

「うーん

どうだろ

将来の旦那はいるんじゃないの?」

 

 

「、、、考えます」

 

 

「難しい問題だが」

「はい、、、

 

自分でふった話題に自分で凹んでます」

 

「そう思った

 

でも恋人や家族はトラブルと別れるけど

主従関係はちょっと違うからね」

「はい」

 

「家族ができても主従関係が続くっていうのは、ある意味超越してる不思議な関係だと思う」

「はい、、、解雇されないように努力します」

 

「あとは

旦那や恋人には普通なのに、俺だけは本当の彼女を知ってるんだよなー的なギャップに萌える僕の性癖にも問題があるwww 

「笑

本当の私を家族や会社の人に知られたら、夜逃げするから、、、」

「笑」

 

 

ご主人様とLINEをしていると時々切なくなります

お互いに平行線のままだからです

ずっと誰にも話せない秘密の関係だから、、、

 

この関係が今のnonには心地がよく、ズルい言い方をするとお互いに都合がいい関係なのです

 

でも、ご主人様のおかげで、自分を解放する悦びを知ったし、日常から逃れる術を持つことも出来ました

自分がMで、ご主人様のいる生活が合っていることも知れたし、、、

 

主従関係は奥が深くて、まだよくわかっていないけど、、、

ご主人様がおっしゃっているように

「超越してる不思議な関係」

という表現は当たっていると思います

 

色んな方のブログを読むとこの関係は本当にピュアで憧れます

そんな関係にご主人様となれたらいいな、、、と思います

 

でも、nonが未熟すぎて道は遠いですが、、、笑

 

ブログを始めたことで、自分の心の中を吐き出す場所も持てたし、、、

 

 

深く考えるのはやめにして、寝ます

 

おやすみなさい