読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

「奴隷誓約書」を書く前の話②

✏「奴隷誓約書」を書く前の話①はコチラ

non46.hatenablog.com

 

 

 

「ちょっと確認したいんだけど」

「はい」

 

「僕らの立ち位置

M美さんは現在彼氏絶賛探し中

僕はキープのひと?

彼氏見つかり次第さようなら予定ってこと?」

「S男さんは奴隷絶賛探し中でしょう?

キープ出来ないでしょう?」

 

「僕に奴隷が見つかったら、どうなんの?」

「私は友達以上恋人未満でしょう?」

 

「キープ出来ないってどういうこと?」

「だって、私、S男さんをキープする位置に上がれてないもん」

 

「そういう意味か

じゃあ質問を変える」

「はい」

 

「友達以上恋人未満は現在進行中」

「うん」

 

「で、彼氏または奴隷ができたらどうする予定?」

「彼氏が出来たら、S男さんがイヤでなければ、こうやって連絡したい

でもエッチはしない

 

と思う

 

奴隷さんが出来たら、その人に悪いから連絡しない

 

いや、するかも、、、」

「でもエッチはしない

 

ですか?」

 

「わからない

私は好きな人がいなければ会うと流されてしまいそう」

「まとめると彼氏ができたら友達以上恋人未満は解消ということだね」

 

「私はS男さんのことは好きだけど、あなたが求めてる女性ではないのは自覚してるから、どうしたらいいかわからない」

「?」

 

「じゃあ、逆に同じ質問します」

「うん

奴隷ができたらどうするかってこと?」

 

「うん」

「今まで通りかな

でも、M美さん次第だよね」

 

「、、、

S男さんが、奴隷さんに夢中になれば、次第にそちらに気持ちは傾いて、友達以上恋人未満は必要なくなると思います」

「そういうもんかな」

 

「今日思ったのが」

「なーに?」

 

「今、一応、友達以上恋人未満と言いながらも、ちょっと主従も入ってるじゃん?」

「はい」

 

「って事は、一応今は僕の奴隷になるわけですよ」

「はい」

 

「でだ」

「はい」

 

「その奴隷が別のご主人様を探してて、なんかMが好きって人がやってきて、その人に調教されるんか~と思うと」

「と?」

 

「なんかいい気分がしないなと思ったわけです」

「それはただの独占欲」

 

「そういうことなのかもね」

 

 

 

まだLINEは続くんですが、このやり取りをしていて、nonはますますこんがらがって、戸惑いました

 

初めて会ってエッチをした日に、nonははっきりとダメ出しをされています

ご主人様から「恋人にはなれない」と理由もつけて断られました

non自身もまだ好きになっていなかったし、好きになれるかもわからなくて、、、

ご主人様から

「求めてるM女性と違う」

と言われて、それを受け入れていました

 

初めて会った日、ご主人様はnonに

「このソファーでオナニーして見せて」

と仰いました

nonは

「無理です」

ジョークに変えて逃げました

 

ご主人様が求めている「M女性」は同じことを言われたら

「はい」

と素直に従う奴隷なんです

nonは断った時点で、Mではないし、奴隷にも出来ないとご主人様は判断したのです

 

それなのに、この流れの意味が本当にわからなくて、LINEしながら

「S男さんの言いたいことはなに?」

って、ほんとに悩みました

ただの独占欲に振り回されるほど自分はバカでもないし、都合のいい女にはなりたくないと思っていました

 

 

✏ご主人様にダメだしをされた時のお話はコチラ 

non46.hatenablog.com