読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

身の程知らず②

ご主人様からの厳しいお言葉の意味をちゃんと理解したくて、何度も何度もLINEを読み返しました

 

お酒が入っていたし、眠いのもあって、ご主人様からのLINEの意味がわかりませんでした

 

なんか、大変な事になってる?

という、焦りで心臓がバクバクしてました

 

すぐにもう1件、LINEがきました

 

 

「とはいえ、奴隷がイクのを見て楽しむ時もあるからそういう時は感じればいい

 

でも、そういう気分じゃない時はフェラだけで終わることもある

それでも使ってもらえるなら幸せだろ?」

 

 

 

ご主人様、優しい、、、(泣)

こんな優しいご主人様なのに、 なんて不釣り合いな未熟な奴隷、、、(泣)

 

「不釣り合い」

 

ふと浮かんだこの言葉に自分が打ちのめされました

涙が出てきて、携帯が見れませんでした、、、

 

 

 

「私、ダメダメですね、、、

 

ご主人様をがっかりさせてしまって、申し訳ありません

 

もっと私、使われたい

自分が奴隷だって、もっともっと感じたい

もっとご主人様の為に何かしたい

 

離れていても出来る事ってなに?

 

誓約書読んで、考えます

 

おやすみなさい」

 

 

おやすみなさい、と自分から終わらせておいて、ご主人様からの返信を待っていました

 

 

「まーそんなダメダメな奴隷にはとりあえずお仕置きだなwww」

「がっかりしましたよね、、、

ごめんなさい

怒ってないですか?

自分がイヤです、、、

許していただけるなら、なんでもします

おやすみなさい」

 

 

その夜、最後のLINEは口調もいつものおちゃらけたご主人様で、nonを笑わせてくれようとしてるのが、伝わってきて、、、

ますます自己嫌悪です、、、

 

本当にめんどくさい奴隷だな、、、(泣)

と、後悔しか出てきませんでした

 

LINEせずに、寝れば良かった、、、

 

nonはご主人様の奴隷ですが、まだ「特別」ではないのです

 

まだご主人様の中では、「奴隷の見習い」、「奴隷未満」なんでしょうね、、、

 

はー、道が遠くて、、、

いつになったらご主人様がいつもご機嫌でいられる奴隷になれるのでしょう、、、

 

出来てない自分に腹が立ちます、、、

本当にダメダメです