読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

深夜のLINE

命令 奴隷

仕事で疲れきった週の半ば、深夜にLINEを送ってしまいました

 

「今日はあれから夜、急なアポが入って、帰宅が10時前でした。

本当に疲れました。

 

逢いたいです。

ご主人様の、、、舐めたいです。

めちゃくちゃについてもらいたいです。

オナニー見てもらいたいです。

 

生理が終わったら動画送ります。

見て下さい。

思い切りイヤらしくなりたいです。

何か命令して下さい。

 

ご主人様の命令に従いたいです。

私をもっと奴隷らしくしつけてください。

縛られたいです。

 

おやすみなさい」

 

 

疲れきって、深夜の1時過ぎに送ってました

LINEにぶつけることが、ある意味、nonのストレス解消になっているのです

でも、支離滅裂な内容で、ただの欲求不満のつぶやきにしか見えません、、、笑

 

翌日、読み返して反省することがよくあります、、、💦💦

 

 

次の日の夜、ご主人様から返信をいただきました

 

「動画は

自撮り オナニー 動画

でググってどういうのがやらしくて楽しませれるか勉強しとく事」

「はい」

 

 

その日の夜は、言いつけ通りに

「自撮り オナニー 動画」

で検索して、いくつか動画を見ました

 

「あそこまで大胆に出来るかな、、、?」

と思いながら眠りにつきました

 

 

翌朝、またもや朝のミーティング中にご主人様からLINEが入りました

 

「いいの、見つけたw

(ブログのアドレスが貼られてました)

 

後ろ向きでお尻の穴とあそこがよく見えるように

ディルドが出たり入ったりするところ見ることにした

楽しみ楽しみw」

 

 

、、、

ご主人様、楽しそう、、、

後ろ向き、、、

イヤです、、、

そんなの恥ずかしいです、、、

 

でも、「イヤ」っていう選択肢はnonには、ないんです、、、

 

 

「おはようございます 

↑ブログ?はまだ見てないけど、、、

生理が終わったら撮ります

ありがとうございます」 

「それまではいろいろ動画見て興奮しときましょうw」

 

 

nonはご主人様の「奴隷」です

「奴隷」はご主人様の快楽の為に存在しているのです

 

それなのに、未熟なダメダメな奴隷のnonは次の日にまた

失敗をしてしまうのです