金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

ご主人様のこと

ご主人様は昨年から新規事業を複数手掛けているみたいです

「忙しい

ゆっくりするために独立したのに、忙しい」

って一緒にいる時もボヤいていました

 

ご主人様のお仕事は新しい事業が軌道に乗るまでで、軌道に乗ったら誰かに後を任せるか、権利を売却するそうです

 

そうして、軌道に乗れば指示だけ出せばよくなるそうです

だから「基本的には暇なんだよ」と仰っていました

 

nonがご主人様に出逢ったのは去年の6月でした

 

10月まではほぼ毎日、LINEで連絡をとっていました

10月くらいからnonの仕事も時期的に忙しくなり、ご主人様も新規事業が平行して立ち上がり、何となくやり取りの頻度が下がりました、、、

 

それまではほぼ毎日

「○○をして」

「○○はどう思う?」

「○○が見たい」

「○○の写真を送って」

と、求められる事が多く、最初は戸惑いましたが、求められるのが嬉しくて、楽しみながら、苦しみながら、時には泣きながら、ご主人様の期待に応えたくて、考えたり、悩んだりしながら過ごしてきました

 

毎回、逢って直に話をする度に

「この人と私が住んでいる世界は違う」

「考え方の基準や物事の捉え方が違う」

と、気付かされます

 

それは、楽しくもあり、嬉しくもあり、また、悲しい現実でもあります

 

偶然出逢って、切れかかった糸は

「主従関係」

という形で繋がっています

 

 

この前、ご主人様とお別れして空港から自宅に向かうバスの中から、ご主人様にLINEをしました

 

 

「心ここにあらず、、、って感じがして、本当に申し訳なく思いました

でも、それなのに、、、

時間を作っていただいたのは、本当に本当に嬉しかったです

ありがとうございました

 

今日も奴隷なのに、「して下さい」って、私、自分が気持ち良くなることばっかりお願いして、、、💦💦

ごめんなさい、、、💦💦

毎回のことですが、反省しています、、、」


「いえいえ

なんか、すんません

朝からいろいろトラブってて気になってしまい、、

まーでも、いっぱい舐められて癒されましたよ 」

 

 

お別れした直後は満たされた満足感と、貴重な時間をnonの為に作って下さったことへの感謝と申し訳なさ、それから、次はあるのだろうか、、、という不安にかられます

 

でもnonに逢うことが、ご主人様の「癒し」になるなら、それはすごく嬉しくて、、、

 

nonは選んで奴隷の立場を受け入れたので、、、

 

なんか、哲学的な思考になってます、、、笑

 

 

ご主人様に教えていただいたブログを読んだせいです

ご主人様もそのブログを読んで、いろいろ思うところがあったようで、夕べは熱く語り合いました    笑

 

そのやり取りはまたここに書きます

 

nonの脳ミソの普段使っていないところに刺激を下さるご主人様

 

逢いたくなりました