読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

すぐにさわらせようとする 笑

エッチ

ベッドで並んでおしゃべりする間もご主人様には何度も電話がかかってきたり、LINEやメールがきてました

 

用事が終わって、ご主人様が携帯を置いたら、ご主人様の手を取って、nonの触ってもらいたいところに持っていくのです

 

 「すぐにさわらせようとする   笑」

 

と、呆れながら笑われました    笑

 

 

「だって、、、触ってほしいもん、、、」

 

 

ご主人様に背中を向けて

「後ろから触って下さい」

と、お願いしました

 

後ろから抱き締められながら触られるのは大好き

「ここ、感じるよな?」

と言いながらnonの胸を摘まむご主人様

 

「うん、気持ちいい、、、」

 

全然大きくないnonの胸をずっと触って下さいました

nonの様子を見ながら、どこが感じるのか丁寧に探してるようでした

 

ご主人様の上にnonがいる時には、優しいマッサージのような手の動きから、急に下から思いきり揉まれたり、、、

ずっと気持ちよくて

「あぁ、、、」

と、小さく言うのが精一杯でした、、、

 

nonの胸は手で余裕で隠れるくらいの膨らみしかありませんが、nonの身体の中で一番感じやすいところです

 

ご主人様はいろんな角度からnonに快感を与えて下さいました

 

ご主人様の上に乗って快感に溺れるnonが後ろに倒れそうになると、ご主人様は抱き寄せて耳に噛みつきました

 

その痛みでnonのアソコに緊張で力が入るのを楽しんでいるように、噛んでは舐められ、息を吹きかけられ、、、おかしくなりそうでした

 

ご主人様の暖かい舌が胸を這うと痺れるような感じがします

先の部分を口に含まれたり、甘噛みされながら舌で転がされて、、、

もう片方は指先で遊ばれています、、、

 

1度口を離したかと思うと「カプッ」と、乳首から周囲を口に吸い込まれて舌で遊ばれると耐えきれずにおかしくなりそうでした

 

感じすぎてnonのアソコはずっと濡れたままでした