読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

先に自分から脱ぐんだよ

奴隷 エッチ

久し振りのご主人様の前でnonは緊張していました

 

ホテルに入ってから、ご主人様は

「まずは乾杯」

と、美味しそうにビールを飲み始めました

 

お仕事が忙しくて飲みに行けないこと

新規事業を平行して幾つも手掛けていて、期限付きでやらなきゃいけないことが山ほどあること、、、

お仕事の話を楽しそうに、熱く熱く語って下さいました

 

ソファーに並んで座っているnonには指一本触れることなく、、、

 

ご主人様の素っ気ない態度に

なぜキスもしてもらえないんだろう?

なぜご主人様は触っても下さらないんだろう?

と、疑問いっぱいでしたが、ご主人様の話に耳を傾けていました

 

ご主人様がビールを3本あけて、nonはチューハイを半分くらい飲みました

 

普段より一時間半くらい早起きしてるのと、緊張でnonは眠くなりました

 

ご主人様の話を聞きながら、ソファーでウトウトしていると

「ベッドで寝たら?」

と、素っ気なく言われてしまいました、、、

 

意を決して、ご主人様のワイシャツのボタンに指をのばしがら

「脱がしてもいいですか?」

と尋ねました

 

ご主人様のお返事は

 

 

 

「ダメ」

 

 

「、、、?、、、」

 

 

なぜダメなのかが分からなくて、困っているnonに

 

「先に自分から脱ぐんだよ」

 

と、ご主人様は仰いました

 

 

、、、あぁ、そうなんだ、、、

 

と、やっと分かりました

 

nonはご主人様の奴隷でした

 

 

「はい」

と返事をするのがやっとでした

 

立ち上がり、ソファーに座っているご主人様の目の前でセーターとキャミソールを脱ぎました

タイトスカートのファスナーを下ろして、スカートが床に落ちると、ご主人様はやっと

「エロい」

と言って下さいました

 

ブラを外して、Tバックとガーターストッキングだけになり、ご主人様と目が合った時にやっと、ご主人様はnonに触れて下さいました