読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

舐めさせたい気分

主従関係

その日のご主人様はお仕事でトラブルがあったみたいでした

しばらくご主人様のお仕事の話をしました

 

社員さんのことでいろいろ考えることがあるみたいでした

 

nonは経営って大変なんだな、、、と思いながらLINEしてました

 

 

「頑張って下さい」

「なんか、久し振りに舐めさせたい気分」

 

「嬉しいです

ご奉仕したいです」

 

「逢いたいです、、、近ければな、、、」

「そうね、すぐ性処理使える」

 

「はい、いっぱいご奉仕致します」

「いいね」

 

「一人でしてるとこも見てほしいし」

「そうだなー」

 

「今度アナルオナニーしてるとこ見ようかな」

「え?💦💦アナルオナニーって何ですか?」

 

「アナルバイブあげたでしょ?」

「はい」

 

「あれでオナニーじゃん」

「あれから一回も使ってないけど、、、自分で?

 

「ほんとは、あれ入れて一日過ごさせたりするんだけどね」

「えー💦💦ムリですー」

 

「奴隷っぽくていいじゃん」

「イスに座れないでしょ?」

 

「やわらかい素材だから大丈夫

そういう風に使うものだし」

「アレを試された時って初めてだったので何が何だかよく覚えていません」

 

「気持ち良かったんでしょ?」

「、、、はい」

 

「とりあえずバックでローション塗って指入れたりしてオナニー

アナルで感じる変態奴隷ってことを報告」

「え?いま?💦💦」

「いや、今度でいいよ」

 

「はー」←nonの深い溜め息

 

「余裕があればローション塗ってバイブでフタをする」

「、、、できるかな、、、声が出ます」

 

「なんでも挑戦」

「、、、はい、、、」

 

「ご主人様が喜ぶことしたいんでしょ?」

「はい」

 

「だったら変態なとこ見せないとね」

「はい」

 

「アナルでも感じてしまう変態ということをちゃんと見せましょう」

 

 

はー😵💨

 

LINEを始めた時にはなんだか暗かったご主人様

 

LINEを終わりにする時には、いつもの楽しそうなご主人様に戻っていました

 

奴隷のnonはご主人様のストレス解消に役立っているのでしょうか?笑