金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって2年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

ご主人様の奴隷です

1月14日9時43分

 

珍しく一人の時間が持てた休日の朝でした

 

携帯を開くと、夕べのLINEは既読でしたが、返信はありません

 

 

ご主人様、何してるかな~

と呑気な気持ちでLINEを送りました

 

 

「おはようございます」

 

既読にならないので、ベッドでウトウトしていました、、、

 

ピコーン💡

と、LINEを知らせる音で目が覚めて携帯を開くと、、、

 

 

 

「どうも勘違いしてるなぁ~」

 

「自分の立ち位置を」

 

 

 

 

 

え?、、、

どうしよう、、、💦💦

ご主人様、もしかして、、、、

怒ってる、、、?

nonにあきれてる、、、?

 

 

恐る恐るLINEを返しました

 

 

「、、、奴隷です」

 

「ごめんなさい」

 

 

 

「気持ちよくさせるのが仕事なのに自分が気持ちよくなろうとしてるじゃん」

 

「奴隷誓約書、読み返します」

「大事w」

 

「はい」

「ご奉仕したくても出来ないし、、、」

 

 

「でも、離れていても出来る事を考えるんでした、、、」

 


「忘れてました、、、」

 

 

「ごめんなさい」

 

 

 

この時、nonは泣きそうでした、、、

平和な休日の朝を、自分自身の軽はずみな言葉で壊してしまいました、、、

 

 

「どうしよう、、、😿」

 

 

どうすれば、今のnonの気持ちを伝える事が出来るか、一生懸命考えました、、、

 

 

考えた結果、nonが取った行動は

「奴隷誓約書」の加筆でした

 

 

「心構え」の項目にに加筆しました

 

 

 そして、謝罪のLINEも送りました

 

「未熟な奴隷で申し訳ありません

○日には罰を与えて下さい

ご主人様のご命令には何でも従います」

 

 

「オナニーしますね、、、」

「反省してるのかしてないのか  笑」

 


「反省してます

 

してるから、オナニーして濡れてるアソコを見ていただきたくて、、、」

 

 

ご主人様は無言でしたが、写真を贈りました

 

 

「朝から全開にエロいな」

 

 

「動画も撮りました

編集したら送ります」




 

「奴隷誓約書」には、この文章を加筆しました

 

 「毎日、就寝前にこの「奴隷誓約書」を読み返し、ご主人様の奴隷にしていただいた初心の満たされた気持ちを忘れないように致します」

 

 

ご主人様と離れている期間が長くなったり、ご主人様と連絡していない時間が長くなると、正直、自分の立ち位置を忘れてしまいます

 

ブログに「nonは奴隷です」と書きながらも、自覚は薄れていました

 

でも、今朝のLINEで気付かされました、、、

 

nonの言葉だけの自己満足に、、、

 

 

もうすぐご主人様に逢えます

 

ご主人様をガッカリさせないように、自分と向き合います

 

 

 

「nonはご主人様の奴隷です」