読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

同窓会

rewriteに載せたご主人様の同窓会の頃、二人のLINEは同窓会で盛り上がりました

 

 

 

同窓会で酔っぱらいから両側をはさまれて、キスしてこようとする男子から逃げようとしてるnonの写真をご主人様に送りました

 

「おじさん達にもみくちゃにされる  笑」

「セクハラ天国か!」

 

「これは去年の年末にあった同窓会

ひどいでしょ?笑」

「酔っ払って同級生とやっちゃうパターンだなw」

 

「私は口元は絶対死守するし、同級生とは、ぜーったいやらない!」

「ほほう」

 

「同窓会は実は学生の時好きでしたイベントあるじゃん」

 

「元カレはいるけど来ないし、付き合ってたのは誰も知らない」

「元カレと同窓会で会って不倫スタートはよくある話だよね」




 

nonの地元は仲良しで、年末と夏に集まります

 

毎回ほとんど同じメンバーですが、話は尽きず、、、

 

幼い頃のお互いを知っている関係というのは、良くもあり悪くもあり、、、

 

回数を重ねるごとに皆大人になってきて、話題も変わり、当時は言えなかった暴露話が飛び出したりします

 

でも、nonの当時の恋愛は同級生の誰にも言っていません

 

今後も、、、

 

 

nonは大学に指定校推薦で決まっていたので、皆より早く進路が決まっていました

 

当時の彼氏は就職で、春からは県外に行くのが決まっていました

 

高3の1月から彼が県外に行く日まで、夜中にnonは彼の家に呼び出されていました

 

学内では真面目だけど、皆を盛り上げて騒ぐタイプだったnonと違い、彼はバンドを組んで硬派なイメージで近寄りがたい雰囲気の男子でした

 

たまたま家が近所で小さい頃から部屋に行く事はあったけど、彼がうちに来ることはありませんでした

 

中学、高校をバンドとバイトばかりしていた彼とはだんだん疎遠になりました

 

nonには彼氏が出来たり、彼にも彼女が出来たり、、、

 

nonの受験が終わった秋の初めに、寝ていたnonの部屋の窓をコンコンとノックする音がしました

 

窓を開けると、何年も話したことがなかった彼が立っていました

 

高校生なのに、酔っぱらいでした、、、笑

 

「入っていいか?」

と聞かれて、親に見つかったら大変💦💦と焦ったnonは深く考えずに彼を部屋に入れました

 

久し振りに話す彼はいろんな悩みを抱えていて、、、

nonは求められるままに拒む事が出来ずに彼に初めてを奪われてしまいました

 

今、こうやって思い出しても私は流されてばかりかもしれません、、、

 

彼の「明日は俺の部屋においで」という命令にnonは背くことが出来ませんでした

 

その日から、学校の廊下ですれ違う時や、掃除をしてる時、ほんの一瞬に「今日待ってる」と囁かれていました

 

彼はnonの明るい性格だけでなく、Mな性格を最初に見抜いた男性かもしれません

 

学校では一言も話さず、nonと彼の接点に誰も気付いていませんでした

 

大学進学も決まっていたし、自分の将来の夢もあったので、会えなくなってから生理がくるまでの1ヶ月をハラハラしながら過ごしました

 

 

成人の日の前日、いろんな方のブログを見ていて、自分の記憶に蓋をしていた初体験を思い出しました