読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

二度目(rewrite)

nonとご主人様の出逢いは普通でした

 

お互い「婚カツ」の中で、出逢いました

 

一度目は「彼氏」「彼女」になるかもしれない出逢いでの、対面

 

二度目は「友達以上、恋人未満」の関係でした

 

二度目は、ご主人様がnonの住んでる県にお仕事で来られました

 

 

来られる数日前に

 

「来週、仕事でそっちに行くから、飲もうよ」

 

と誘われました

 

 

平日の夜で、しかも翌日は大事な会議だったので、

「少しだけなら、、、」

と、9時にご主人様の泊まってるホテルに向かいました

 

 

昼間は打ち合わせを部屋でされてたようで、8人掛けの大きなテーブルには、コーヒーがいくつかと、灰皿には煙草が沢山ありました

 

最上階のスイートルームでした

 

二人で、ワインを飲みながら、お互いの近況やこれまでの恋愛、仕事の悩み、、、

いろんな話をしました

 

途中、nonは何度も眠くなり「聞いてんの?」と、何度も笑われました💦💦

 

楽しい時間でした

 

もともとお酒に強くないnonはかなり酔って、眠すぎて帰ることにしました

 

「もう帰るね」

 

と、ソファから立ち上がった時、

 

「酔うと人肌恋しくなるよね?」

 

と尋ねられ、、、

 

「うん」

「おいで」

 

と、ソファに座ったままで、両手を広げて、nonに微笑むご主人様の膝に、つい正面から抱き寄せられながら、座ってしまいました

 

はいていたロングスカートは、腰まで上げられ、そのまま、ご主人様の膝に騎乗位みたいに座らされ、キスされました

 

ご主人様のキスはnonのスイッチをONにしてしまいました

 

そのまま、上半身は裸にされ、感じやすい部分を執拗にせめられました

 

いつの間にか、服は全部脱がされて、ベッドに運ばれて、、、

 

 

 

nonは付き合う人以外とは、エッチはしない主義なのに、、、

なぜか、ご主人様は特別でした

 

帰りのタクシーの中で

 

「あー、、、

友達以上、恋人未満なのに、、、

抱かれちゃった、、、」

 

って、思ったのを覚えています

 

帰宅したのは、3時過ぎでした、、、

 

 

(2016*11*17)