読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

開発していく宣言(rewrite)

アナル エッチ

「アナルも開発していく」

 

ある日、LINEの途中でご主人様から言われました💦💦

 

ご主人様はいつも突然です

 

アナルなんて、それまでのnonのSEXには

無関係の世界でした

 

でも、ご主人様は少しずつnonに学習させて、興味を持つように誘導してきました

 

初めは会話に「アナル」という言葉が出てくるだけでも拒否していて、いつもnonは必死で会話をはぐらかしていました

 

でも、いつのまにか抵抗感は薄れ、覚悟は固まっていました

 

「nonの初めてはご主人様に」

 

と、決めていました

 

 

でも、改めて宣言されると、、、

怖くて、、、

 

「え?💦💦こわいです」

「そっか、で

身体全体で主を気持ちよくさせれたほうが

いいでしょ?

「はい、そうなりたいです」

 

「性処理の道具として使われるだけでも幸せを感じれるようになってほしいんだよね」

「それはなりたいと思っています」

 

「ゆっくりお願いします」

「だね」

 

「私以外の人に出さないでほしいです」

「何を?」

「、、、💦💦       、、、精子

「言わせてみたw」

 

「濡れてます」

「すぐ濡れちゃうね」

「はい」

「いっぱい濡れてるとこも見てもらいたいんだ」

「はい」

 

 

こうして次にお逢いした時に、

nonの初めてはご主人様に捧げました

 

その時の事はそのうちに書きます

 

(2016*11*15)