読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

後一時間もない時に、、、(rewrite)

エッチ

飛行機の時間を考えると、一緒にいられる時間が一時間を切ってしまった頃、ベッドで並んで寝転んで、いろんな話をしてました

 

それはそれで、とても満たされた時間で、

心が安らぐゆっくりとした時間でした

 

もう身体は満たされていました

 

でも、お別れと思うと急に寂しくなって、、、

話をする間、ただnonの

大事なところに触れていてほしくて、、、

 

ご主人様の手を取って

 

「動かさなくていいので、

触っていて下さい」

 

と、nonの大事なところにご主人様の手を置いてもらいました

 

動かさなくていいって、言ってたのに、

ご主人様の指はnonの大事なところを開いて、指を1本入れてきました

 

「ずっと濡れてる」

 

と、いたずらっ子みたいに笑いながら

顔を覗き込まれると

 

「だって、、、」

 

と、言うのが精一杯で、、、💦💦

 

すごく感じてるのが分かりました

 

ご主人様はゆっくりnonの気持ちがよくなるところを優しく触ったり、、、

指を上下にうごかしたり、、、

押したり、摘まんだり、、、

 

優しく焦らされながら

ご主人様の指がヌルヌルになるまで

触って下さいました

 

nonはまた喘ぎながら、自分から

ご主人様の上に乗ってしまいました

 

ご主人様はnonのウエストの辺りを持って、

nonが逃げないように掴まえて、ゆっくりnonを奥まで突き上げて下さいました

 

すごくゆっくりと、、、

 

激しいエッチも気持ちがいいのですが

ゆっくり繋がって

お互いの体温を感じながらの

セックスは本当に満たされます

 

乳首に触れられる度にご主人様は

「感じてるのがわかる」

と、仰っていました

 

最後はバックから、奥まで突かれて、nonの口に出していただきました

 

幸せな時間でした

 

(2016*11*05)