金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって2年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

災い転じて、、、幸せです(rewrite)

nonとご主人様は遠距離で、お互いスッゴク忙しいです

 

ご主人様のほうがnonより忙しいのは、理解しているつもりなので、ご主人様から返信がないと、数日間、音信不通の時もあります

 

ご主人様がお仕事に集中されてる時は、ジッと待ってます

 

先月も、そんな時期がありました

 

でも普段なら返信がなくてもLINEは既読になります

 

ある意味、既読でご主人様がお元気だと安心出来ます

 

なのに、その時はいくら待っても既読にならず、本当に本当に心配しました

 

既読にならない2日間にnonは

「解雇されたんだ😭」と思いました

 

「解雇されるなら、最後に一言下さい」と、かなり思い詰めたLINEを送りました

 

そして、やっといただいた返信には

「仕事で中国にいるから、LINE繋がらなかった」

というコメントと、呑気に円卓で中華料理を囲むご主人様の写真

 

力が抜けて、ただただ安心しました

 

今は、お忙しい時期だと理解してLINEを送るのを控えました

 

 

でも、やっぱり、寂しくて、、、

夜、携帯を手にして、文章を打ち込んでは、消し、、、打ち込んでは、消し、、、

 

その夜も携帯を手にそのまま、寝てしまいました

 

朝、目が覚めて、LINE画面がそのままな事に気が付いて、消そうと画面に触れた時、送信ボタンに誤って触れてしまいました

 

あぁー💦💦

ウソー💦💦💦💦

 

「お仕事忙しいですか?

ご主人様の事を考えながら、一人でしてもいいですか? 」

 

って、ウトウトしながら打った文章を送ってしまったのですー💦💦

 

何度も書いては消し、書いては消し、

迷って迷って迷って、、、

結局、送信出来ずにいた、nonの恥ずかしい本心をご主人様に知られてしまいました

 

どんなに画面を操作しても送ってしまった文章は消せるはずもなく、、、

 

恥ずかしくて、恥ずかしくて、その後

「間違えたんです💦💦忘れて下さい💦💦」って、必死の言い訳をしました

 

本当に恥ずかしくて、穴があったら入りたい心境でした💦💦

 

当時はMな本当のnonをご主人様には隠していました

 

こんな本当のnonを出したら、ご主人様に嫌われてしまうと思っていたので、、、

 

この日を境にご主人様はnonが本当の自分を解放出来るように、上手くnonを操って下さったのです

 

「僕が喜ぶような写真を送って」

 

 「濡れてるアソコを見てあげる」

 

nonは初めて、アソコを写真に撮りました

 

送信ボタンを押すのに、すごく時間がかかりました、、、

 

「丸見えだね」

 

「でも、嬉しいんでしょ?」

 

「恥ずかしいことして感じちゃうのが奴隷だからねー」

 

ご主人様の言葉責めに段々nonは大胆になっていき、

 

「ご主人様から連絡がない間、

何度も一人でしました」

 

と、告白しました

 

「なにを想像したの?」

 

 「次、会えるまではオナニーするときは

ちゃんと報告ね 」

 

「今からオナニーします

ってアソコの写真送りましょう」

 

その日から、ご主人様からの命令に、自然に体が反応するようになりました

 

「アソコひらいて」

「濡れてるアソコ見せて」

 

今までなら出来なかった角度からも写真を撮り、言われるがままのnonです

 

今、すごく幸せです

満たされています

 

ドMなnonをご主人様が喜んで下さってるのが、わかるから

 

(2016*10*07)

 

 

✏          ✏          ✏

 

 

この時以来、ご主人様は海外に行かれる時には、きちんと教えて下さいます